コラム

 公開日: 2015-12-02 

介護福祉士試験・パレートの法則(何番の正答が多い?)

*パレートの法則
 問題の区分                出題範囲

C(確実に得点できる)         繰り返し出題される問題      繰り返し出されている内容が
     20%前後              20%前後           試験の「ツボ」

B(準備をすれば得点できる)                          C.Bを6~7割の得点で合格
     60%前後 

A(難易度が高く準備しても得点   出題される可能性が低い      この部分は後回し。(ここにこだ
 が難しい)20%前後         問題                  わると全体像が見えなくなる)

「C]を確実に得点し、「B]を6割得点すれば合格!

難易度          問題の種類                      25回   26回   27回
 A   難しい   ・詳細まで理解していないと解けない問題        15     14    13
                (過去に出題されたことがない問題)
 B   普通    ・基本的事項の「確実」な知識があれば解ける問題  78     82    89
               (過去に出題実績がある問題)
 C   易しい   ・対応方法を問う問題など一般常識があれば解ける  27     24    18
               問題 

                  合 格 基 準                   69     68    68

:全問題120問中の60%の72点が合格の目安となりますが、過去3年間は68・69点で合格となります。
:同得点の場合は偏差値採点となりますので、1点でも多くの得点が必要と思われます。

*正解は何番が多い?
 22回は、3番
 23回は、1.5番
 24回・26回・27回は4番
 したがって、28回の予想として4番が多いと思われます。
 ただし、全部が4番と言う訳には行きません。
 日常の業務で比較的得点しやすい介護の領域・認知症の理解・事例の科目は 80%正解を
 目指して下さい。しかし、介護福祉士試験で一番難しいとされている人間と社会・発達と老化の
 理解の科目においては、難問が多いため4番で良いと思われます。なぜなら、1問を1分半で答え
 なければならず、ゆっくり考えてる時間がないからです。
 介護福祉士試験は国家試験なので、緊張しない方は居られないと思いますが、120点中60%
 合格の場合、72点得点すれば良い。「しかし、50問近くも間違ってよいのだ!」と考え方を変えて
 見たらどうでしょうか?

  






 
  
























































  
  

この記事を書いたプロ

英(はなぶさ)事務所

介護福祉士 小澤紀志子

山梨県甲府市国母8丁目25-15 ラフィーネ国母307 [地図]
TEL:055-232-0850

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演依頼

英(はなぶさ)事務所 介護教員・小澤紀志子への講師/講演依頼講師/講演会に関するお問い合わせ、ご依頼はhanabusa-jimusyo@rouge.plala.or.jp又は℡&fax055...

 
このプロの紹介記事
介護の資格試験を合格に導くプロ 英(はなぶさ)事務所 小澤紀志子さん

介護資格取得へ効果的な学習指導(1/3)

 高齢化に伴い、介護サービスを担う人材へのニーズが高まる中で注目されているのが、「介護のプロ」としての信用を高め、キャリアアップにつながる介護・福祉関連の資格です。ただ、「何を勉強したらいいか分からない」「勉強をする時間があまりない」「取り...

小澤紀志子プロに相談してみよう!

山梨日日新聞社 マイベストプロ

事務所名 : 英(はなぶさ)事務所
住所 : 山梨県甲府市国母8丁目25-15 ラフィーネ国母307 [地図]
TEL : 055-232-0850

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

055-232-0850

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小澤紀志子(おざわきしこ)

英(はなぶさ)事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
認知症ケアの社会資源 模擬問題 その1

今回は科目最後の「社会資源」模擬問題をお知らせします。第13回認知症ケア専門士本試験が迫り、お手元にはす...

[ 第13回認知症ケア専門士受験対策講座 ]

認知症ケアの実際Ⅱ:各論 模擬問題 その2

模擬問題 11誤嚥を疑うサインとして、もっとも適切な組み合わせを1~5の中から1つ選びなさい。a・ 発熱...

[ 第13回認知症ケア専門士受験対策講座 ]

認知症ケアの実際Ⅱ:各論 模擬問題 その1

各論の出題傾向として、高齢者に多い病気の特長・薬に関する問題が多いようです。各論に関しても、試験に出やす...

[ 第13回認知症ケア専門士受験対策講座 ]

認知症ケアの実際Ⅰ:総論 模擬問題・解説 その2

模擬問題 11認知機能を測定する質問式のスケールについて、もっとも適切な組み合わせを1~5の中から1つ選...

[ 第13回認知症ケア専門士受験対策講座 ]

認知症ケアの実際Ⅰ:総論 模擬問題・解説 その1

5月27・28日の両日パシフイコ横浜にて開催された第13回認知症ケア専門士受験対策セミナーに参加してきま...

[ 第13回認知症ケア専門士受験対策講座 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ