コラム

 公開日: 2016-01-10  最終更新日: 2016-01-11

介護福祉士試験直前対策・人間と社会領域(社会の理解)①

問題5 育児と介護に関する次のうち正しいものを1つ選びなさい。
1・「育児・介護休業法」に基づく育児休業法は、男性にも適用される。
2・「育児・介護休業法」に基づく子の看護休業制度は、小学校就学前の子の療育をする労
 働者には適用されない。
3・2010年(平成22年)の「出生動向基本調査」によると、女性の就業率は第一子の出生
 後も低下しない。
4・2010年(平成22年)の「国民生活基礎調査」によると、同居している主な介護者は70
 歳代が最も多い。
5・2010年(平成22年)の「国民生活基礎調査」によると、同居している主な介護者は子の
 配偶者が最も多い。
                            解答          1

ポイント
この問題では、「育児・介護休業法」や最近の人口動態の変化、少子高齢化の現状が問われ
ている。「育児・介護休業法」や「国民生活基礎調査」は頻出事項なので、それぞれのポイント・概
要について把握しておきたい。

解説
1・○
 「育児・介護休業法」に基づいて育児休業ができる労働者とは、原則として1歳に満たない子を療
 育する男女労働者である。
2・× 黄金の法則より、文章の最後に「適用されない」と否定的な文言があるため。
 小学校就学前の子を療育する労働者は、事業主に申し出ることにより、1年度において5日を限度
 として子の看護休暇を取得することができる。
3・× 黄金の法則により、文章の最後に「低下しない」と否定的な文言があるため。
 結婚前・妊娠前に就業していた妻に限定して、就業を継続した者の割合を見て見ると、結婚前の70
 .5%から、第一子出産後になると38.0%と減少している。
4・× 黄金の法則により、文章の最後に「最も」と強い文言があるため。
 「同居している主な介護者の年齢階級別構成割合」を見てみると、60~69歳が29.3%と60代が最
 も多い。
5・× 黄金の法則により、文章の最後に「最も」と強い文言があるため。
 同居している主な介護者は、「配偶者」が25.7%で最も多い。次いで、「子」が20.9%、「子 の配偶
 者」が15.2%の順となっている。

問題6 限界集落を定義するときの人口構成として、正しいものを1つ選びなさい。
1・65歳以上の人口比率が14%以上である。
2・65歳以上の人口比率が30%以上である。
3・65歳以上の人口比率が50%以上である。
4・75歳以上の人口比率が14%以上である。
5・75歳以上の人口比率が30%以上である。
                             解答         3

解説
過疎化・・農村地域や離島などから人口が流出し、地域に活力が乏しくなること。
限界集落・・65歳以上の人口が50%以上になった集落。
        過疎化が進行し冠婚葬祭など共同的な社会生活を維持することが限界に近づく
高齢化社会・・65歳以上の人口が7%以上になった状態。
高齢社会・・65歳以上の人口が14%以上になった状態。
超高齢社会・・65歳以上の人口が21%になった状態。
前期高齢者・・65歳~74歳
後期高齢者・・75歳以上
1・× 65歳以上の人口比率が14%以上となる状態は、高齢社会である。
2・×
3・○ 65歳以上の人口比率が50%以上が限界集落である。
4・× 75歳以上を後期高齢者と言う。

問題9 介護保険制度に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
1・支給対象は、介護保険制度発足時から現在まで、6段階に区分されている。
2・地域密着型サービスは、都道府県がサービス事業者の指定や指揮監督を行う。
3・地域包括支援センターには、身体障害者福祉司の配置が義務づけられている。
4・介護予防マネジメントは、保健所が実施することになっている。
5・2006年(平成18年)に施行された介護保険法の改正によって、介護予防サービス(新予防給
 付)が創設された。
                             解答         5

解説
1・× 2006年(平成18年)の法改正により、要支援1・要支援2・要介護1~5までの7段階
2・× 地域密着型サービスは、2006年(平成18年)の法改正により、高齢者が要介護状態となって
    も、できる限り住み慣れた自宅または地域で生活を継続できるよう新たに創設されたサービスであ
    る。市町村が指定・指揮監督を行う。
3・× 地域包括支援センターは、保健師・社会福祉士・主任介護支援専門員を置くこととされている。
4・× 介護予防者(要支援1・2)のケアプランは、地域包括支援センターが実施することとしている。
5・○ 2006年(平成18年)の法改正により、介護予防サービス・地域密着型サービスが新設された。

問題10 介護保険審査会の設置として、正しいものを1つ選びなさい。
1・市町村社会福祉協議会
2・都道府県社会福祉協議会
3・市町村
4・都道府県
5・国
                               解答         4

ポイント
介護保険審査会とは、介護保険法第184条に規定される機関で、要介護認定の判定などの不服申し立
てを審査する第三者機関である。この問題では、介護保険制度における国と地方公共団体の役割や公的
機関と民間機関が問われている。

解 説
1・×
2・×
3・× 市町村は、保険者として介護保険の運営主体を担うことになっている。
4・○ 介護保険法第184条により、介護保険審査会は各都道府県に置くと規定されている。
5・×



 
                           
       





















 

この記事を書いたプロ

英(はなぶさ)事務所

介護福祉士 小澤紀志子

山梨県甲府市国母8丁目25-15 ラフィーネ国母307 [地図]
TEL:055-232-0850

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
介護の資格試験を合格に導くプロ 英(はなぶさ)事務所 小澤紀志子さん

介護資格取得へ効果的な学習指導(1/3)

 高齢化に伴い、介護サービスを担う人材へのニーズが高まる中で注目されているのが、「介護のプロ」としての信用を高め、キャリアアップにつながる介護・福祉関連の資格です。ただ、「何を勉強したらいいか分からない」「勉強をする時間があまりない」「取り...

小澤紀志子プロに相談してみよう!

山梨日日新聞社 マイベストプロ

事務所名 : 英(はなぶさ)事務所
住所 : 山梨県甲府市国母8丁目25-15 ラフィーネ国母307 [地図]
TEL : 055-232-0850

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

055-232-0850

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小澤紀志子(おざわきしこ)

英(はなぶさ)事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
介護の領域 4・介護の基本 その1

4-1 介護の歴史と介護問題の背景■介護の歴史・1963(昭和38)年以前  家族や篤志家などによる介護...

[ 第29回介護福祉士受験対策講座 ]

人間と社会の領域 3・社会の理解 その3

3-12 障害者自立支援制度 法制度と施策■障害者の定義と福祉経過1)障害者の定義  障害者総合支援法...

[ 第29回介護福祉士受験対策講座 ]

人間と社会の領域 ③社会の理解 その2 

3-6 社会保険制度 各制度の概要■社会保障のしくみ1)社会保険 5つ(年金・医療・介護・雇用・労災保険...

[ 第29回介護福祉士受験対策講座 ]

第19回ケアマネ試験合格発表

10月2日に行われた第19回ケアマネ試験の合格発表が昨日ホームペー上で発表されました。今年度の問題は、専...

人間と社会の領域 ③社会の理解 その1

こんにちは!介護福祉士受験勉強は順調に進んでいますか?この講座は少し中止していましたが今回から、週2回程度...

[ 第29回介護福祉士受験対策講座 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ