コラム

 公開日: 2016-11-16  最終更新日: 2016-11-18

人間と社会の領域 ③社会の理解 その1

こんにちは!介護福祉士受験勉強は順調に進んでいますか?この講座は少し中止していました
が今回から、週2回程度で頻出箇所に絞り受験対策講座を再開します。

3-1 家庭生活と地域社会
■家庭生活の基本
・ワークライフバランス 仕事と生活を調和させること。2007(平成18)年には、多様な働き方の選択
 や働き方の見直しなどにより、少子化対策や労働力確保を目指す「仕事と生活の調和(ワーク ・ライフ
 バランス)憲章」がつくられた。
■家族とは
・核家族 (夫婦のみ・夫婦と未婚の子・又は一人親と未婚の子からなる家族)
・世帯 (世帯とは、住居と家計を共にする人々の集まり)
・家族の扶養義務 
 1)直系血族(自分の祖父母・父母・子孫など)
 2)兄弟姉妹
 3)三親等内の親族
■地域社会とは
・シャッター通り (商店街で閉店のためシャッターが閉じたままの店舗が目立つ通り。人口減少による購買
 力の縮小や郊外型の大型店の進出などが主な原因)
・限界集落 (65歳以上の人口が50%以上であり、共同体機能の維持が困難な集落)

理解度○×チェック
1・現在の日本では、ワーク・ライフ・バランスの推進のため、職住一体型の生活が大勢となっている。
  24回ー6問     解答・×     解説・体制となっているわけではない
2・核家族とは、夫婦・夫婦と子供またはひとり親と子供からなる。
  24回ー5問     解答・〇
3・コミュニティビジネスとは、市町村が主体となって、まちづくり・環境問題・介護・子育てなどの地域のさま
  ざまな課題をビジネスの手法で解決するものである。
  26回ー6問     解答・×     解説・市民が主体となって解決する

3-2 ライフスタイルと社会構造の変化
■就業構造の変化
・正規雇用者 (フルタイムで働く継続的な雇用関係にあるもの)
・非正規雇用者 (アルバイト・パートタイマー・契約社員・派遣社員など様々な雇用形態がみられる)
①非正規雇用者の増加と給与格差の拡大
■就業構造の変化
①1950(昭和25)年以降、平均世帯人員数は減少し続け、現在では1950年代の約半数である。
②高齢者がいる世帯数と全世帯に占める割合は増え続け、高齢化の進展は著しい。
 2014(平成26)年時点で46、7%である。
③高齢者世帯は増加しつづけているが、特に一人暮らし(単独世帯)の増加が著しい。また、子夫婦と
 同居する人は減少しているが、未婚の子供と同居している高齢者は増えている。

理解度○×チェック
1・2000(平成12)年以降、65歳以上の者のいる世帯は過半数を超えている。
  26回ー8問     解答・×     解説・2013年時点で、44、7%である。
2・「人口統計」によれば、2011(平成23)年以降、毎年10月1日現在の総人口は減少している。
  28回ー6問     解答・〇

3-3 社会保障と社会福祉
■社会保障と社会福祉の概念
・ナショナル・ミニマム (国家が全ての国民に最低限度の生活を保証するべきという理念)
・社会保険 5つ (年金・医療・介護・雇用・労災保険)
・社会扶助 (公的扶助(生活保護)・社会手当・社会サービス)
・福祉三法 昭和20年代 (①児童福祉法 ②身体障害者福祉法 ③生活保護法)
・福祉六法 昭和30年代 (①+②+③+④知的障害者福祉法 ⑤老人福祉法
                 ⑥母子及び父子並びに寡婦福祉法)
・社会福祉法 (福祉サービスの基本理念として、個人の尊重・地域福祉の推進)

理解度○×チェック
1・国家が全ての国民に最低限度の生活水準を表す用語は、ナショナル・ミニマムである。
  27回ー7問     解答・〇
2・社会福祉法には、地域福祉の推進が規定されている。
  24回ー8問     解答・〇
3・1960年代になり、老人福祉法・母子福祉法・精神保健福祉法の三法が制定された。
 26回ー11問     解答・×     解説・精神福祉法ではなく、知的障害者福祉法である。

3-4 社会保障制度
■社会保障制度の基本 (社会保障の機能が頻出事項)
・社会保障には、社会的セーフティーネット機能・所得再分配機能・リスクの分散機能・家族機能の支援
 機能・社会の安定および経済の安定・成長への貢献といった機能がある。 
■近年の社会保障制度
①所得保障 (生活保護・年金制度・雇用保険など)
②医療保障 (医療保険・各種医療制度)
③社会福祉 (児童福祉・障害者福祉・高齢者福祉など)

理解度○×チェック
1・社会福祉制度は、生活困窮者の貨幣的ニーズの充実を目的としている。 
  26回ー10問     解答・×     解説・生活上の不利条件を持つ者の、非貨幣的ニーズに
                              対する福祉サービスである。
2・社会保障の発展は、経済の安定や成長を損なう。
  25回ー7問     解答・×     解説・社会保障の発展により、経済の安定や成長がみられる。
3・社会保障は、介護・子育てなどの家庭機能を支援する役割がある。
  25回ー7問     解答・〇





 

この記事を書いたプロ

英(はなぶさ)事務所

介護福祉士 小澤紀志子

山梨県甲府市国母8丁目25-15 ラフィーネ国母307 [地図]
TEL:055-232-0850

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演依頼

英(はなぶさ)事務所 介護教員・小澤紀志子への講師/講演依頼講師/講演会に関するお問い合わせ、ご依頼はhanabusa-jimusyo@rouge.plala.or.jp又は℡&fax055...

 
このプロの紹介記事
介護の資格試験を合格に導くプロ 英(はなぶさ)事務所 小澤紀志子さん

介護資格取得へ効果的な学習指導(1/3)

 高齢化に伴い、介護サービスを担う人材へのニーズが高まる中で注目されているのが、「介護のプロ」としての信用を高め、キャリアアップにつながる介護・福祉関連の資格です。ただ、「何を勉強したらいいか分からない」「勉強をする時間があまりない」「取り...

小澤紀志子プロに相談してみよう!

山梨日日新聞社 マイベストプロ

事務所名 : 英(はなぶさ)事務所
住所 : 山梨県甲府市国母8丁目25-15 ラフィーネ国母307 [地図]
TEL : 055-232-0850

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

055-232-0850

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小澤紀志子(おざわきしこ)

英(はなぶさ)事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
認知症ケアの社会資源 模擬問題 その1

今回は科目最後の「社会資源」模擬問題をお知らせします。第13回認知症ケア専門士本試験が迫り、お手元にはす...

[ 第13回認知症ケア専門士受験対策講座 ]

認知症ケアの実際Ⅱ:各論 模擬問題 その2

模擬問題 11誤嚥を疑うサインとして、もっとも適切な組み合わせを1~5の中から1つ選びなさい。a・ 発熱...

[ 第13回認知症ケア専門士受験対策講座 ]

認知症ケアの実際Ⅱ:各論 模擬問題 その1

各論の出題傾向として、高齢者に多い病気の特長・薬に関する問題が多いようです。各論に関しても、試験に出やす...

[ 第13回認知症ケア専門士受験対策講座 ]

認知症ケアの実際Ⅰ:総論 模擬問題・解説 その2

模擬問題 11認知機能を測定する質問式のスケールについて、もっとも適切な組み合わせを1~5の中から1つ選...

[ 第13回認知症ケア専門士受験対策講座 ]

認知症ケアの実際Ⅰ:総論 模擬問題・解説 その1

5月27・28日の両日パシフイコ横浜にて開催された第13回認知症ケア専門士受験対策セミナーに参加してきま...

[ 第13回認知症ケア専門士受験対策講座 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ