コラム

 公開日: 2016-12-23  最終更新日: 2016-12-26

介護の領域 6・生活支援技術 その1

介護の領域 6科目群 生活支援技術 昨年度は20問でしたが、今年度は介護の基本が少なく、生活
支援技術が多く出題されると言われてます。
6-1 生活支援と介護
*生活支援
1)生活の構成要素:服飾・食事・コミュニケーション・性・余暇・信仰・労働・家計など、多種多様な要素
             で構成されている。
2)QOLを重視した介護の実践は、利用者の身体的側面だけでなく、心理的・社会的な側面も含んだ支
  援を行う。
3)信頼関係に基づいた支援をすることが大切である。
4)生活支援を行うときは、できないことより、できることに着目する。

理解度○×チェック
1・生活支援は、信頼関係に基づいて支援する。
  第28回ー41問     解答・〇
2・生活支援を行う特は、利用者のできないことに焦点を当てる。
  第26回ー41問     解答・×     解説・できることに焦点を当てる。
3・生活支援は、利用者の生活歴を理解して行う。
  第26回ー41問     解答〇
4・生活は、食事と排泄と睡眠の3つの要素で構成される。
  第27回ー41問     解答・×     解説・労働・余暇・信仰など多種多様な要素からなる。

6-2 居住環境の理解
■住環境の整備の意義と目的
1)生理的な満足、精神的な満足を与えることは、住まいの重要な役割である。
2)安全に配慮した居住環境も住環境整備のポイントになる。
3)利用者が自分の居場所を見つけられるようにすることが大事である。
4)トランスファーショック:環境が変わることにより、認知症が悪化すること。
■室内環境の管理
1)照明が明るすぎると、高齢者が混乱することがある。(眩しく感じること:羞明)
2)臭覚も低下するので、ガス器具を電磁調理器に取り換える事を検討する。
■室内環境と健康
1)シックハウス症候群:建材に使用される化学物質による室内空気汚染が原因で、健康被害が生じる
              こと。こまめな換気や掃除が大切である。
2)熱中症:高温が続くと、室内でも熱中症になるから、冷房を適切に活用する。
3)ヒートショック:短時間に急激な温度変化で生じる健康被害。入浴時は、部屋ごとの寒暖の差をなくす
          工夫が大切である。
■安全で心地よい生活の場つくり
1)高齢者の不慮の事故で最も多いのは、浴室内の溺死なので、入浴介助時は十分注意する。
2)浴槽は、洗い場から40㎝くらいの高さに調節する(高い時はすのこ等で調節する)
3)トイレのドアは引き戸や外開きにする。
■介護保険と住宅改修
1)手すりの取り付け 2)段差解消  3)引き戸等への扉の取り換え  4)和式便器から洋式便器の
交換  5)上記付帯して必要となる住宅改修(手すり取り付けの補強工事など)
支給限度基準額は20万円  1回限度
住宅改修費の8~9割が支給される。  ただし、償還払い(いったん立て替える)
*給付を受けるには、着工前に市町村への事前申請が基本である。
■バリアフリーデザインとユニバーサルデザイン
・バリアフリーは、高齢者や障害者が使いやすいように、バリアになるものを取り除くこと。ユニバーサルデ
 ザインは、設計の時から、誰もが使いやすいように考えられたデザインのこと(洗濯機等の電気製品)

理解度○×チェック
1・シックハウス症候群は、生活が不活発なために全身の機能が低下することを言う。
  第26回ー42問     解答・×     解説・化学物質で健康障害が生じること
2・入浴時のヒートショック予防として、浴室、脱衣室と居室の温度差を小さくする。
  第28回ー53問     解答・〇
3・和式便器を洋式便器に取り替えることは、介護保険の給付対象となる住宅改修である。
  第25回ー42問     解答・〇
4・手すりを取り付けるための壁の下地の補強は、介護保険の給付対象となる住宅改修である。
  第27回ー42問     解答・〇
5・ユニバーサルデザインは、すべての国民に健康で文化的な最低限度の生活を保障するものである。
  第24回ー7問     解答・×     解説・すべての人が使いやすいようにデザインすること

6-3 自立に向けた身じたくの介護
■身じたくの意義と目的
1)身支度の支援をするときも、介護者の意向よりも利用者の意見を尊重する。
2)利用者ができること利用者にやってもらい、できないことを介助する。(自立支援)
■整容の介助
整容とは、身だしなみを整えること:ADLの1つで、洗顔、耳の手入れ、整髪、ひげそり、爪の手入れ、
                     化粧などが含まれる。
①洗顔:顔の清拭(眼を拭くときは、目がしらから目じりに向かって拭きましょう。
②耳の手入れ:しぼった温かいタオルで耳全体を拭く。耳あかがたまる外耳道までを綿棒で手入れする
③ひげ剃り:介護福祉職は、電気かみそりしか使えない。
④つめの手入れ:巻き爪(爪の内側が収縮し、丸まった爪が生えてくること)・爪肥厚(主にあしの爪で見ら
          れ白癬菌の感染や遺伝などが原因で、爪の一部が変色したり、厚く盛り上がったりする
          こと)など変形の原因にならないように、こまめに手入れする。
■口腔ケア
1)口腔ケアの目的
 ①口腔内の細菌増殖を予防する。 ②唾液の分泌を促進させる。 ③誤嚥性肺炎を予防する。
2)口腔ケアのポイント 舌苔:(口腔内の細菌が固まって舌の表面に付着したもの)
3)義肢のはずし方と清掃方法、保存方法     頻出事項!
 ①義歯を外すときは下から、入れぞる時は上から ②細菌が繁殖しやすいため、毎日水又はぬるま湯で
 清掃する。 ③乾燥させないように清潔な水や義歯洗浄剤に浸して保管する。
4)経管栄養の利用者:口腔から食物を摂取していないため、口腔機能が落ちている場合が多い。口臭が
 発生しやすい傾向にある為、口腔ケアが必要である。
■衣類の着脱
1)衣類着脱介助における留意点
 ①片麻痺のある利用者:脱健着患(だっけんちゃっかん)
  麻痺のない健康な側から衣類を脱ぎ、麻痺のある側から衣類を着る。

理解度○×チェック
1・耳あかがとりにくいときは、ピンセットを使う。
  第28回ー44問     解答・×     解説・耳鼻科を受診する
2・義歯を磨くときは、歯磨き粉は使わない。
  第25回ー44問     解答・○
3・経管栄養の利用者は、口腔から食物を摂取していないので、口腔ケアは不要である。
  第26回ー44問     解答・×     解説・必要である
4・電気かみそりを使ったひげそりでは、電気カミソリを皮膚に直角に当てる。
  第27回ー44問     解答・○
5・左片麻痺がある場合は、左半身から脱ぐように勧める。
  第28回ー45問     解答・×     解説・右側の健側から脱ぐように勧める。

 

この記事を書いたプロ

英(はなぶさ)事務所

介護福祉士 小澤紀志子

山梨県甲府市国母8丁目25-15 ラフィーネ国母307 [地図]
TEL:055-232-0850

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演依頼

英(はなぶさ)事務所 介護教員・小澤紀志子への講師/講演依頼講師/講演会に関するお問い合わせ、ご依頼はhanabusa-jimusyo@rouge.plala.or.jp又は℡&fax055...

 
このプロの紹介記事
介護の資格試験を合格に導くプロ 英(はなぶさ)事務所 小澤紀志子さん

介護資格取得へ効果的な学習指導(1/3)

 高齢化に伴い、介護サービスを担う人材へのニーズが高まる中で注目されているのが、「介護のプロ」としての信用を高め、キャリアアップにつながる介護・福祉関連の資格です。ただ、「何を勉強したらいいか分からない」「勉強をする時間があまりない」「取り...

小澤紀志子プロに相談してみよう!

山梨日日新聞社 マイベストプロ

事務所名 : 英(はなぶさ)事務所
住所 : 山梨県甲府市国母8丁目25-15 ラフィーネ国母307 [地図]
TEL : 055-232-0850

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

055-232-0850

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小澤紀志子(おざわきしこ)

英(はなぶさ)事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
第20回ケアマネージャー試験総評・合格基準について 「いとう総研」より 

自己採点をなさり、試験の出来栄えはいかがでしたか?「いとう総研」の伊藤先生は、中央法規の介護福祉士受験対...

第20回ケアマネージャー試験解答速報 「けあサポ」より

10月8日のケアマネージャー試験大変お疲れ様でした。連休明けの10日に中央法規・「けあサポ」より解答速報が...

保健医療分野 基礎 模擬問題

模擬問題 11 認知症について、より適切なものはどれか。3つ選べ。1・認知症の予防効果が、最も明らかなの...

[ 第20回ケアマネージャー試験直前対策講座 ]

保健医療分野 基礎 キーワード 介護技術

<介護技術・食事>・キーワード嚥下・・・飲み込むこと誤嚥・・・食べ物が気管に入ること嚥下反射・・・...

[ 第20回ケアマネージャー試験直前対策講座 ]

保健医療分野基礎 キーワード 高齢者の身体的特徴 その②

<代謝異常による疾患>・1型糖尿病とⅡ型糖尿病・・・高齢者ではⅡ型糖尿病がほとんど・糖尿病の三大合併症 ...

[ 第20回ケアマネージャー試験直前対策講座 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ