コラム

 公開日: 2017-04-07  最終更新日: 2017-04-08

認知症ケアの基礎 アルツハイマー型認知症 その2

【認知症の人が抱える心理的な問題】
・不快・・・物忘れの進行に伴い、イライラしたりストレスを感じたりするようになり、常に不快な感情を
      抱くようになる。
・不安・・・認知症の人は断片的に記憶が欠落しているため、日常生活のストーリーにつながりがなく
      なり、不安を感じるようになる。
・混乱・・・周囲の状況を正確に判断することができなくなるため混乱しやすくなる。特に、急がされたり
      注意をされたりすると混乱は顕著になる。
・被害感・・記憶の欠落により勘違いが多くなり、されを事実と確信することで被害感を生じることがある
       特に認知症の人に多いのは「物盗られ妄想」であるが、身近な人が加害者扱いされること
       もあり人間関係が悪化することもある。
・自発性の低下、抑うつ・・・人から失敗を責められたリ、怒られたりすることで自身を失い、抑うつ状態
       になり自発性の低下につながることがある。
・揺れ動く感情・・・自分の居場所のない不安や日常生活がうまくいかないことの焦燥感、被害感など、
       様々な問題によってストレスが蓄積された状態で感情が揺れ動いており、ちょっとした刺激で
       攻撃的になったり興奮状態になったりする。
・行動を取り繕う行為・・・記憶の欠落した部分を補おうとするため、話のつじつまを合わせるために話を
       作ってしまう。
【一般の物忘れ】
・体験の一部分の物忘れ
・物忘れの自覚がある
・物忘れは進行しない
・日常生活に支障はない
問題 017 健忘について正しいものはどれか
1・日常生活に支障はない。
2・体験全体の物忘れである。
3・物忘れの自覚がない。
4・物忘れは進行性で悪化する。
5・生活障害がある。
  解   答   1
問題 018 認知症の人の心理症状に関する記述のうち、正しい組み合わせはどれか
a 大切にしていたお金や財布がなくなっている盗まれたに違いない。⇒被害感
b 知らない人から声をかけられたが、何とか話を合わせておいた。⇒取り繕い
c 日常生活の失敗を指摘されたが、いつもはきちんとできるので気にならない。⇒感情の平板化
d 一度にたくさんの事を要求されたり、急がされたりすると混乱する。⇒混乱
e 日常的に物忘れをすることが増え、ストレスを感じるようになった。⇒抑うつ
  選   択   1・a.b.c   2・a.b.d   3・b.c.d   4・a.b.e   5・c.d.e
  解   答   2
問題 019 認知症の中核症状で正しいものはどれか
a 記憶障害
b 暴言・暴力
c 睡眠障害
d 判断力の低下
e 見当識障害
  選   択   1・a.b.c   2・a.b.e   3・a.d.e   4・b..cd   5・c.d.e
  解   答   3
問題 020 認知症の関する記述で、空欄に該当する語句の組み合わせとして適切なものはどれか
認知症は記憶障害を中心とした(  a  )であり、(  a  )が原因となって物忘れや見当識障害など
の(  b  )が出現する。認知症の人には徘徊や暴力、危険行為などの症状が表れることがあり、かって
これらは(  c  )と呼ばれていた。しかし、これは認知症の人の視点に立った考えではないとされ、現在
は(  d  )という用語が用いられるようになっている。
   a               b           c           d
1・行動障害          BPSD       行動障害      問題行動
2・認知機能障害       BPSD       行動障害      問題行動
3・認知機能障害       注意障害      介護拒否      問題行動
4・認知機能障害       中核症状      介護拒否      行動障害
5・認知機能障害       中核症状      問題行動      行動障害
  解   答  5
問題 021 BPSDに関する記述のうち、正しいものはどれか
a BPSDは介護者側の不適切なケアによって引き起こされる。
b BPSDは認知症の人すべてに出現する。
c 認知症の人の身体的不調はBPSDの原因とはならない。
d 認知症がかいぜんしたという状況の多くは、BPSDの改善によるものである。
e BPSDは認知症の人の不安や不快感によって増悪する。
  選   択   1・a.b.c   2・a.b.d   3・b.c.d   4・.b.c.e   5・a.d.e
  解   答   2
問題 022 認知症の人が抱える心理的な問題について誤っているのはどれか
1・混乱
2・積極的行動
3・行動を取り繕う行為
4・被害感
5・不安
  解   答   2
問題 023 BPSDについて誤っているのはどれか
1・BPSDは認知症の人に共通してみられる症状である。
2・BPSDは単独の症状で現れる人もいれば、複数のBPSDが同時に現れる人もいる。
3・BPSDは「行動・心理症状」と訳されており、ケアの現場でも少しずつ普及し始めている。
4・BPSDの内容が進行に伴って変化していく人がいる。
5・BPSDが出現するメカニズムは、中核症状が背景にあり、それに加えて不安や不快感、焦燥感ストレス
  などの心理的要因が作用して出現する。
  解   答   1
問題 024 BPSDの適切なケアについて正しいものはどれか
a 物忘れは気付いた時点ですべて注意する。
b 情報伝達は時間をかけて詳しく行う。
c その人の持っている能力への働きかけを行う。
d 生活環境の整備を行う。
e 受容的対応を心がける。
  選   択   1・a.b.c   2・a.b.e   3・a.d.e   4・b.c.d   5・c.d.e
  解   答   5

この記事を書いたプロ

英(はなぶさ)事務所

介護福祉士 小澤紀志子

山梨県甲府市国母8丁目25-15 ラフィーネ国母307 [地図]
TEL:055-232-0850

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演依頼

英(はなぶさ)事務所 介護教員・小澤紀志子への講師/講演依頼講師/講演会に関するお問い合わせ、ご依頼はhanabusa-jimusyo@rouge.plala.or.jp又は℡&fax055...

 
このプロの紹介記事
介護の資格試験を合格に導くプロ 英(はなぶさ)事務所 小澤紀志子さん

介護資格取得へ効果的な学習指導(1/3)

 高齢化に伴い、介護サービスを担う人材へのニーズが高まる中で注目されているのが、「介護のプロ」としての信用を高め、キャリアアップにつながる介護・福祉関連の資格です。ただ、「何を勉強したらいいか分からない」「勉強をする時間があまりない」「取り...

小澤紀志子プロに相談してみよう!

山梨日日新聞社 マイベストプロ

事務所名 : 英(はなぶさ)事務所
住所 : 山梨県甲府市国母8丁目25-15 ラフィーネ国母307 [地図]
TEL : 055-232-0850

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

055-232-0850

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小澤紀志子(おざわきしこ)

英(はなぶさ)事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
科目群③ 人間と社会の領域 社会の理解

Ⅰ・受験対策例年の傾向をみると、「介護保険制度」と「障害者総合支援法」からの出題が多くなってきている。受験...

[ 第30回介護福祉士試験直前対策講座 ]

科目群②人間関係とコミュニケーション・コミュニケーション技術

介護福祉士試験は、「科目群では必ず得点しなくてはならない」という規定があります。したがって、人間関係とコ...

[ 第30回介護福祉士試験直前対策講座 ]

「介護」の領域 介護の基本 科目群①

*介護の基本のポイントⅠ・介護福祉士と「介護の基本」 「介護の基本」は、①介護福祉士を取り巻く状況②介護福...

[ 第30回介護福祉士試験直前対策講座 ]

人間と社会の領域 人間の尊厳と自立 科目群①

*人間の尊厳と自立のポイントⅠ・介護福祉士と「人間の尊重と自立」 介護を必要とする利用者に対しては、最後...

[ 第30回介護福祉士試験直前対策講座 ]

「介護福祉士」という資格と試験の全体像

今年度も介護福祉士受験対策講座を始めます。介護福祉士養成校出身で、国家資格の介護福祉士試験を初めて受験す...

[ 第30回介護福祉士試験直前対策講座 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ