コラム

 公開日: 2017-04-21 

認知症ケアの基礎 認知症のチームケア 家族支援

【認知症のチームケア】
・2005年から養成が始まった認知症サポーターは、地域において認知症の人を見守り、ちょっとした目と
 手を差し伸べるボランティアである。
・認知症のチームケアにおいて意思決定を行う主体となるのは利用者もしくはその家族である。ただし、利
 用者と家族が必ずしもニーズを共有するとは限らないため、家族の意向のみで方針決定が行われないよ
 うに支援を行う必要がある。支援の際には、利用者を中心として、個々の専門職が連携して支援を行う
 チームケアが望ましいとされている。
・ボランティアや近隣の人など、インフォーマルなケアの担い手も、目標を共有する場合はチームケアの一
 員として考えることができる。
・ケアチームの構成員はそれぞれ異なる専門性を有しているため、自分の専門領域の用語が他職種に伝
 わらないといったケースも見られる。そのため、チームで会話する時は専門用語の使用は避け、みなに
 伝わる共通の言葉を使用するなどの配慮が必要である。また、積極的にコミュニケーションの機会を作る
 とともに、分からない点は質問するなどして風通しの良い関係構築に努めることが大切である。
・ケアチーム内では利用者のニーズに則した目標を共有し、目標達成のために協働する必要があるが、達
 成すべき目標に最も適した能力を持つ職種がリーダーとなることが望ましい。そのため、チーム内のだれ
 もがリーダーシップとメンバーシップ両方を備えていることが望ましい。
【家族支援】
・介護保険制度によって在宅・施設サービスなど利用が活性化した一方で、精神的な負担感や利用料・
 保険料などによる経済的な圧迫感は持続している。
・家族で24時間介護を行うという拘束感は心身の疲労を生み、バーンアウトや虐待の原因にもなり得る。
 そのため、介護者に対してレスパイトケア(介護者の負担軽減・デイ・ショートステイの利用)を導入し、介
 護者の休息の機会を設けることが重要である。
・「家族の健康問題に対する生活力量アセスメント指標」は家族の生活力量に注目したアセスメントを行
 うことで家族の弱点を補ったり、家族の力量を引き出したりする手助けとなる。
問題 044 認知症のチームケアに関する記述のうち、正しいものはどれか
1・認知症サポーターは地域の認知症ケアを担う専門職として期待されている。
2・認知症のケアには医学的な専門知識が必要であるため、医師がチームの中心として機能することが
  望ましい。
3・認知症のチームケアにおいては家族の意向を重視してチーム全体の方針を決定する。
4・認知症のチームアプローチにおいては、ボランティアや近隣の人などのインフォーマルケアの担い手は
  重要視されない。
5・チームケアとは共通の目標達成のために他職種が協働して認知症のケアにあたる。
  解   答   5
問題 045 
認知症のチームケアが効果を上げるために必要なスキルに関する記述のうち、正しいものはどれか
a チームで開催されるカンファレンスでは、専門用語の使用を避けて分かりやすい共通の 言葉を使用
 する。
b それぞれの職種の専門性を発揮するために職種ごとに目標設定を行い、達成に向けた努力を行う。
c ケアチーム内で他職種との考え方の違いにより摩擦や葛藤が生じたとしても、チームの和を乱さないた
  めにがまんすべきである。
d 他職種チームの中では風通しの良い関係づくりのために、コミュニケーションの機会を自ら作ることが重
  要である。
e ケアチームを構成するすべての人が、リーダーシップとメンバーシップの両方の資質を高めることが望
  ましい。
  選   択   1・a.b.c   2・a.b.d   3・b.c.d   4・b.c.e   5・a.d.e
  解   答   5
問題 046 家族介護に関する記述のうち、誤っているのはどれか
1・介護保険制度によって介護の精神的負担が軽減した
2・介護の拘束感から解放するためにレスパイトケアの導入が望ましい
3・介護サービスの利用料や介護保険料などの経済的圧迫感を感じている家族が多い
4・介護による心身の疲弊はバーンアウトや虐待の原因になりかねない
5・介護者や家族のアセスメントを行い、家族の健康問題を見極めることは重要である
  解   答   1
問題 047 家族介護者の介護負担の変化について正しいものはどれか
a 現在の世帯は家族の誰かが要介護状態になると配偶者以外に家族以外に介護者を見つけられ
  ない
b 1991年の調査によれば、認知症患者の介護者はこの配偶者が最も多かった
c 2010年の調査によれば、認知症患者の介護者は配偶者が5割以上を占める
d 外出ができないことや自分の時間が持てないことに困難を感じている介護者は、増加している
e サービス利用が活性化しているので、精神的な負担感は減少している
  選   択   1・a.b.c   2・a.b.e   3・b.c.d   4・a.d.e   5・c.d.e
  解   答   1
問題 048 家族支援の要点について正しいものはどれか
a 介護者に対してレスパイトケアを組むことがバーンアウトや虐待の防止につながる
b 家族の弱点を発見して補うことに重点を置く
c 家族が備えている生活力量の評価基準として「家族の健康問題に対する生活力量アセスメント指
  標」がある
d 家族の健康問題に対する生活力量アセスメント指標でいう家族の生活力量は、各成員の実行力が
  家族の生活力量に関与して総合化されて構成される
e 家族の健康問題に対する生活力量アセスメント指標でいう家族の生活力量は、各成員の生活力量
  の総和である
  選   択   1・a.c    2・d.e    3・c.d    4・a.b    5・b.e
  解   答   1


















 

この記事を書いたプロ

英(はなぶさ)事務所

介護福祉士 小澤紀志子

山梨県甲府市国母8丁目25-15 ラフィーネ国母307 [地図]
TEL:055-232-0850

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演依頼

英(はなぶさ)事務所 介護教員・小澤紀志子への講師/講演依頼講師/講演会に関するお問い合わせ、ご依頼はhanabusa-jimusyo@rouge.plala.or.jp又は℡&fax055...

 
このプロの紹介記事
介護の資格試験を合格に導くプロ 英(はなぶさ)事務所 小澤紀志子さん

介護資格取得へ効果的な学習指導(1/3)

 高齢化に伴い、介護サービスを担う人材へのニーズが高まる中で注目されているのが、「介護のプロ」としての信用を高め、キャリアアップにつながる介護・福祉関連の資格です。ただ、「何を勉強したらいいか分からない」「勉強をする時間があまりない」「取り...

小澤紀志子プロに相談してみよう!

山梨日日新聞社 マイベストプロ

事務所名 : 英(はなぶさ)事務所
住所 : 山梨県甲府市国母8丁目25-15 ラフィーネ国母307 [地図]
TEL : 055-232-0850

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

055-232-0850

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小澤紀志子(おざわきしこ)

英(はなぶさ)事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
第20回ケアマネージャー試験・受験対策講座受講生募集中(4/2~6/10迄)

【合格率13、1%の超難関試験の狭き門を突破しましょう!!】<今年度講座の特長>・予備日として本試験1...

[ 第20回ケアマネージャー試験概要 ]

認知症ケアの基礎 軽度認知症(MCI) 認知症予防

認知症ケアの基礎の受験対策講座は今回で最終回になります。次回からは、認知症ケアの実際Ⅰ:総論の受験対策講座...

[ 第13回認知症ケア専門士受験対策講座 ]

認知症ケアの基礎 エイジズム 国連高齢者原則 認知症ケアの原則

【エイジズム】エイジズムとは:高齢者一般に対する差別意識の事ロバート・バトラー:エイジズムについて最初...

[ 第13回認知症ケア専門士受験対策講座 ]

認知症ケアの基礎 高齢者を取り巻く環境・社会資源

【高齢者を取り巻く環境】<物理的環境>住宅環境:在宅の場としての個人住宅や共同住宅施設環境:介護が必...

[ 第13回認知症ケア専門士受験対策講座 ]

認知症ケアの基礎 前頭側頭型・レビー小体型認知症

【前頭側頭型認知症の特長】・同じことを繰り返したり、抑制の取れた行動に走ったりする半面、関心のないことは...

[ 第13回認知症ケア専門士受験対策講座 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ