コラム

 公開日: 2017-06-09 

認知症ケアの実際Ⅱ:各論 模擬問題 その1

各論の出題傾向として、高齢者に多い病気の特長・薬に関する問題が多いようです。
各論に関しても、試験に出やすい問題を20問提示しました。受験勉強の参考になれば幸いです。

模擬問題 01 
バイタルサインについて、もっとも適切な組み合わせを1~5の中から1つ選びなさい。
a・ バイタルサインは医師と看護師のみが把握する指標である
b・ 平熱には個人差があるので、個々の標準値を把握する必要がある
c・ 正常の状態では安静時における成人の脈拍は規則的なリズムを刻む
d・ 座位をとる起座呼吸は認知症で多くみられる
e・ 加齢に伴い動脈の血管が硬くなり収縮期血圧は低下する
  1・a.b     2・b.c     3・c.d     4・d.e     5・a.e
  解     答   ②

模擬問題 02
排尿の異常について、もっとも適切な組み合わせを1~5の中から1つ選びなさい。
a・ 排尿困難は尿が出ないことをいう
b・ 腹圧性尿失禁は腹圧がかかると尿が漏れることをいう
c・ 乏尿とは一日の尿量が400ml以下のことをいう
d・ 夜間頻尿は就寝から翌日の起床まで、1回以上の排尿があることをいう
e・ 溢流性尿失禁は尿がたまったときに膀胱が収縮し、尿が漏れることをいう
  1・abc     2・a.b.e     3・a.d.e     4・b.c.d     5・c.d.e
  解     答    ④

模擬問題 03
排泄の説明について、もっとも適切な組み合わせを1~5の中から1つ選びなさい。
a・ 膿尿とは尿中に赤血球が混じった状態である
b・ 排泄機能の障害は認知症の行動・心理症状(BPSD)とは関係ない
c・ 正常な排便ではいきまなくても排出される
d・ 便の形状で泥状便と水様便あ下痢の傾向を示している
e・ 排尿日誌を用いて排尿時刻と排尿量を比較することは、体調管理に有効である
  1・a.b     2・b.c     3・c.d     4・d.e     5・a.e
  解     答   ④

模擬問題 04
高齢者にみられる病期の特徴について、もっとも適切な組み合わせを1~5の中から1つ選びなさい。
a・ 個人差が小さい
b・ 重症化しやすい
c・ 複数の疾患を併せもつ
d・ 薬物の副作用が出現しやすい
e・ 症状が定型的
  1・a.b.c     2・a.b.e     3・a.d.e     4・b.c.d     5・c.d.e
  解     答    ④

模擬問題 05
老人性難聴について、もっとも適切な組み合わせを1~5の中から1つ選びなさい。
a・ 電話の声が聴き取りにくくなる
b・ 高音域から聞き取りにくくなる
c・ 伝音声難聴
d・ 女性に多い
e・ 50歳以上に聞こえにくさを感じる人が多いが、個人差が大きい
  1・a.b.c     2・a.b.e     3・a.d.e     4・b.c.d     5・c.d.e
  解     答    ②

模擬問題 06
感染症について、もっとも適切な組み合わせを1~5の中から1つ選びなさい。
a・ 大腸菌は食中毒を起こしやすい
b・ インフルエンザの主な感染経路は飛沫感染である
c・ 褥瘡の有無は感染症とは関連しない
d・ 結核菌は感染力が弱い
e・ メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)による感染は日和見感染である
  1・a.b.c     2・a.b.e     3・a.d.e     4・b.c.d     5・c.d.e
  解     答    ②

模擬問題 07
高齢者の口腔内における問題点について、もっとも適切な組み合わせを1~5の中から1つ選びなさい。
a・ 歯肉が腫脹してくる
b・ 歯の欠損が多く現在歯数が少ない
c・ 嚥下反射が低下してくる
d・ 味覚が鋭敏になってくる
e・ 唾液の分泌量が増加する
  1・a.b     2・b.c     3・c.d     4・d.e     5・a.e
  解     答   ②

模擬問題 08
認知症の人の摂食・嚥下機能の問題点について、もっとも適切な組み合わせを1~5の中から1つ選び
なさい。
a・  先行期   ―   食べ物や食べ方が分からない
b・  準備期   ―   捕食や咀嚼ができない
c・  食道期   ―   胸につかえる
d・  口腔期   ―   むせる、咳き込む、つまらせる
e・  咽頭期   ―   のどに遅れない、貯留する
   1・a.b.c     2・a.b.e     3・a.d.e     4・b.c.d     5・c.d.e 
   解     答    ①
模擬問題 09
高齢者の誤嚥性肺炎について、もっとも適切な組み合わせを1~5の中から1つ選びなさい。
a・ 口腔ケアは予防となる
b・ 胃ろう増設者にはほとんどみられない
c・ ノロウイルスが主な原因である
d・ 直接の死因にはなりにくい
e・ 胃食道逆流で起こることがある
  1・a.b     2・b.c     3・c.d     4・d.e     5・a.e
  解     答   ⑤

模擬問題 10
認知症の人の事故について、もっとも適切な組み合わせを1~5の中から1つ選びなさい。
a・ やけどの広さ(面積)が体表面積の60%以上に達すると、重度と診断される
b・ 窒息とは血液中のガス交換ができず、二酸化炭素濃度が低下する状態をいう
c・ 食べ物ではない物を食べることを異食という
d・ 血管性認知症の場合には不顕性誤嚥が生じる場合がある
e・ 判断力の低下により不慮の事故に至る危険性が高まる
  1・a.b.c     2・a.b.e     3・a.d.e     4・b.c.d     5・c.d.e
  解     答    ⑤



















  

この記事を書いたプロ

英(はなぶさ)事務所

介護福祉士 小澤紀志子

山梨県甲府市国母8丁目25-15 ラフィーネ国母307 [地図]
TEL:055-232-0850

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演依頼

英(はなぶさ)事務所 介護教員・小澤紀志子への講師/講演依頼講師/講演会に関するお問い合わせ、ご依頼はhanabusa-jimusyo@rouge.plala.or.jp又は℡&fax055...

 
このプロの紹介記事
介護の資格試験を合格に導くプロ 英(はなぶさ)事務所 小澤紀志子さん

介護資格取得へ効果的な学習指導(1/3)

 高齢化に伴い、介護サービスを担う人材へのニーズが高まる中で注目されているのが、「介護のプロ」としての信用を高め、キャリアアップにつながる介護・福祉関連の資格です。ただ、「何を勉強したらいいか分からない」「勉強をする時間があまりない」「取り...

小澤紀志子プロに相談してみよう!

山梨日日新聞社 マイベストプロ

事務所名 : 英(はなぶさ)事務所
住所 : 山梨県甲府市国母8丁目25-15 ラフィーネ国母307 [地図]
TEL : 055-232-0850

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

055-232-0850

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小澤紀志子(おざわきしこ)

英(はなぶさ)事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
介護福祉士試験が不合格になったときの待遇は?(介護福祉士養成校出身者の場合)

今年度から「介護福祉士養成校修了時に全員の方が、国家試験である介護福祉士試験を受験する」事はすでに周知の...

[ 第30回介護福祉士試験概要 ]

受験資格変更(今年度介護福祉士養成校修了の方全員が介護福祉士試験受験)

第30回(平成29年度)介護福祉士試験概要1・受験資格介護福祉士の受験資格が次のように大きく変わって...

[ 第30回介護福祉士試験概要 ]

認知症ケアの社会資源 模擬問題 その2

模擬問題 11次の空欄a・bに該当する語句の組み合わせとして、最も適切なものを1~5の中から1つ選びなさい...

[ 第13回認知症ケア専門士受験対策講座 ]

認知症ケアの社会資源 模擬問題 その1

今回は科目最後の「社会資源」模擬問題をお知らせします。第13回認知症ケア専門士本試験が迫り、お手元にはす...

[ 第13回認知症ケア専門士受験対策講座 ]

認知症ケアの実際Ⅱ:各論 模擬問題 その2

模擬問題 11誤嚥を疑うサインとして、もっとも適切な組み合わせを1~5の中から1つ選びなさい。a・ 発熱...

[ 第13回認知症ケア専門士受験対策講座 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ