コラム

 公開日: 2017-12-11 

科目群④ 生活支援技術 (介護の領域)その2

Ⅰ・生活支援技術のポイント
●主な歩行時に使用する福祉用具     整理しておこう!
              種類                     特徴
歩行器   前腕支持式歩行器(車輪のあるもの)   杖に比べて指示性や安定感が高い
        交互式歩行器(左右相互に動かすもの) 両手が使える必要がある
        固定式歩行器(持ち上げて動かすもの)  車輪のあるものは、動きやすいが安定感にかける
歩行補助杖  T字杖                      少ない支持で歩行が可能な場合に使用
         ロフストランドクラッチ              握りと前腕の2か所で指示できるため、同じ1本
脚の丁字杖より安定性がよい
         多点杖                      支持面積が広く、自立する
         歩行器型杖(ウォーカーケイン)        立位や歩行のバランスが悪い場合に使用
シルバーカー(手押し車)                     足腰の弱い人歩行バランスが悪い人が使用
●ビタミンの主なはたらき     整理しておこう!
 種類    主なはたらき     欠乏症             多く含む食品
・脂溶性ビタミン
ビタミンA   視力の調節      夜盲症          レバー・緑黄色野菜
ビタミンD   カルシュウムの吸収  骨粗鬆症         いわし・ニシン等の魚・干ししいたけ
ビタミンE   酸化防止作用    溶血性貧血        油・種実類・魚卵
ビタミンK   血液凝固       血液凝固遅延      納豆・青菜
・水溶性ビタミン
ビタミンB1  糖質の代謝      脚気・多発性神経炎   豚肉・うなぎ・玄米
ビタミンB2  糖質・糖質の代謝  口角炎・皮膚炎      レバー・うなぎ・納豆・卵
ビタミンB6  アミノ酸代謝      皮膚炎・口内炎     レバー・まぐろ・かつお
ビタミンB12 赤血球の増殖     巨赤芽球性貧血     貝類
ビタミンC   コラーゲンの合成   壊血病           果物・野菜

過去問題 038 電気カミソリを使ったひげそり
電気かみそりを使ったひげそりの方法として、適切なものを1つ選びなさい。
1・蒸しタオルを当ててひげを柔らかくする。
2・電気かみそりを皮膚に強く押し当てる。
3・電気かみそりえお皮膚に対して直角に当てる。
4・ひげの流れに沿って剃る。
5・顎の下などの湾曲した部分は、皮膚を寄せるようにして剃る。
  解   答    3
過去問題 039 口腔ケアの方法
介護が必要な利用者の口腔ケアの方法として、適切なものを1つ選びなさい。
1・ベッド上で実施する場合、仰臥位(背臥位)にする。
2・全部床義歯(総入れ歯)の場合は、上から外す。
3・ブラシの部分が大きく硬い歯ブラシを選ぶ。
4・うがいができる場合、ブラッシング前にうがいをする。
5・舌苔は残さず取り除く。
  解   答    4
過去問題 040 右片麻痺のある利用者への介護方法
右片麻痺の利用者がベッドから立位になるときの介護方法として、適切なものを1つ選びなさい。
1・利用者の右膝に手を当て、立上がりを補助する。
2・麻痺側の下肢を外転させる。
3・背筋を伸ばしたまま立ち上がるように、声をかけて。
4・ベッドに深く腰かけるように、声をかける。
5・利用者の左側に立つ。
  解   答    1
過去問題 041 ボデイメカニクスの基本原則
ボデイメカニクスの基本原則に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
1・介護者の支持基底面は、狭くとる方が身体は安定する。
2・介護者は体幹をねじらず、足先を移動の方向に向ける。
3・介護者は大きな筋群よりも、足先や腕の力を使う。
4・介護者は重心を、できるだけ高くする。
5・利用者の身体をベッド上で水平移動する場合は、背部が接する面積を広くする。
  解   答    2
過去問題 042 視覚障害者の歩行介助
視覚障害のある利用者の歩行介助をするときに、利用者に介護者のからだを握ってもらう基本部位として
最も適切なものを1つ選びなさい。(人の絵と握る場所の絵がある。)
1・A 車道側の肩
2・B 車道側の腰
3・C 歩道側の肘
4・D 歩道側の手首
5・E 歩道側の手
  解   答    3
過去問題 043 脱水の疑いのある利用者への対応
Lさん(83歳、女性)は、誤嚥性肺炎の既往があり、要介護2の判定を受けている。週2回、通所リハビリ
テーションを利用している。今日、通所リハビリテーションに来たLさんは、提供された食事をほとんど食べ
ていない。食事以外に摂取している水分は、1日200~300mlだという。Lさんの手の甲の皮膚をつまむ
と、つまんだ形がそのまま残った。尿量も少なく、尿の色は濃い黄色であった。Lさんの対応として、適切な
ものを1つ選びなさい。
1・散歩を勧める。
2・入浴を勧める。
3・コーヒーを勧める。
4・おやつにゼリーを勧める。
5・食事の一時休止を勧める。
  解   答    3
過去問題 044 状況に応じた食事の介助
介護が必要な利用者の状況に応じた食事の提供に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選び
なさい。
1・片麻痺の人には、頭部を後屈させて介護する。
2・視覚障害の人には、クロックポジションで説明する。
3・嚥下障害の人には、食事の温度は体温と同程度とする。
4・構音障害の人には、会話をしながら食事をすることを勧める。
5・認知症の人には、その人が好む献立を繰り返し提供する。
  解   答    2
過去問題 045 食品の凝固
食品の凝固に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
1・ゼラチンは沸騰した湯で溶かす。
2・寒天は常温で固まる。
3・片栗粉は熱湯で溶いてから加える。
4・ペクチンは精製塩で固まる。
5・増粘剤(とろみ剤)は添加後、かき混ぜずに提供する。
  解   答    2



































































 
  


         

この記事を書いたプロ

英(はなぶさ)事務所

介護福祉士 小澤紀志子

山梨県甲府市国母8丁目25-15 ラフィーネ国母307 [地図]
TEL:055-232-0850

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演依頼

英(はなぶさ)事務所 介護教員・小澤紀志子への講師/講演依頼講師/講演会に関するお問い合わせ、ご依頼はhanabusa-jimusyo@rouge.plala.or.jp又は℡&fax055...

 
このプロの紹介記事
介護の資格試験を合格に導くプロ 英(はなぶさ)事務所 小澤紀志子さん

介護資格取得へ効果的な学習指導(1/3)

 高齢化に伴い、介護サービスを担う人材へのニーズが高まる中で注目されているのが、「介護のプロ」としての信用を高め、キャリアアップにつながる介護・福祉関連の資格です。ただ、「何を勉強したらいいか分からない」「勉強をする時間があまりない」「取り...

小澤紀志子プロに相談してみよう!

山梨日日新聞社 マイベストプロ

事務所名 : 英(はなぶさ)事務所
住所 : 山梨県甲府市国母8丁目25-15 ラフィーネ国母307 [地図]
TEL : 055-232-0850

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

055-232-0850

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小澤紀志子(おざわきしこ)

英(はなぶさ)事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
科目群⑧ 障害の理解 (こころとからだのしくみの領域)

1・障害の理解のポイント●ICFの構成要素間の相互作用(視覚機能を例に)       整理しておこう!...

[ 第30回介護福祉士試験直前対策講座 ]

科目群⑦ 認知症の理解 (こころとからだのしくみの領域)

Ⅰ・認知症の理解のポイント●新オレンジプランの7つの柱     覚えておこう!①認知症への理解を深めるため...

[ 第30回介護福祉士試験直前対策講座 ]

科目群⑥発達と老化の理解(こころとからだのしくみの領域)

1・発達と老化の理解のポイント●結晶性知能と流動性知能の特性     違いを押さえよう!      結晶...

[ 第30回介護福祉士試験直前対策講座 ]

科目群⑤ 介護過程(介護の領域)

明けましておめでとうございます。2週間後に迫って来た介護福祉士試験ですが、受験生の皆様にとって、お正月ど...

[ 第30回介護福祉士試験直前対策講座 ]

科目群④ 生活支援技術 (介護の領域)その3

Ⅰ・生活支援技術のポイント●水分のバランス     覚えておこう! 摂取量/ml         排泄量/ml...

[ 第30回介護福祉士試験直前対策講座 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ