コラム

 公開日: 2012-09-03  最終更新日: 2014-06-04

瓦の耐用年数はどのくらい?

みなさんおつかれさまです!
忙しさにかまけてご無沙汰になってしまいましたが、気がつけば夏も終わってしまいますね。。。
瓦屋さんには最高の季節到来ですが、あっという間に過ぎ去るのもこの季節です…
もう少し熱い日が続きますが、体調管理しっかりしていきましょう!


さて、今回のコラムでは「瓦」の耐用年数についてお話します。
「瓦」の耐用年数ってどのくらいなんでしょうか。みなさんご存知ですか?

なんと!
50年以上・100年以上・半永久的なんて言われています(*´∀`)

みなさん瓦が焼き物というのはご存知でしたか?
しっかり焼締めた陶器は、叩いたり、落としたりしない限り何百年でも持ちますよね。。。
2009年に「平成大修理」が完了した、奈良の「唐招提寺金堂」では、いまだに奈良時代の瓦が含まれているそうです。鎌倉時代以後、約100年に1度のペースで大修理を行ってきた唐招提寺金堂ですが、その都度、使える瓦はそのまま使ってきたんですって。。。
しかも、元禄期の「元禄大修理」(そうです!あの忠臣蔵のです!)や、明治期に行われた「明治大修理」のときの瓦は、いまだに現役バリバリのようです!
なんとも悠久のロマンあふれるお話ですよね。。。
もちろん国宝級の建造物に使われる瓦と、一般住宅に使われる瓦では、大きさや厚みなども異なるため、同じデータとしては使えませんが、焼き物ってそのくらい耐用年数があるってことなんです。。。

「唐招提寺金堂平成大修理」
http://www.toshodaiji.jp/shuri_gaiyou.html

唐招提寺金堂

話のスケールが大きくなってしまったので、身近な話に戻します。
現代の一般的な瓦は、焼成温度1100度以上。非常に高い温度で焼かれているため、しっかりと焼きしめられて寒さにも強く、耐用年数も大幅にあがりました。
高温で焼くということは、歪みが生じやすく、それだけ技術面でも難しいんです。ちなみに我社でも昭和51年まで瓦を焼いていましたが、「陶器瓦」で980度(当時の三州瓦で1050度前後)。昭和40年まで製造していた「いぶし瓦」は900度前後で焼成していたそうです。

大昔の瓦でさえも、100年くらい家を守り続けたなんて話はよく聞きます。(先日伺った家は築150でした…)ただし、昔の瓦は焼きムラがあったためにすべての瓦が100年健在ではありません。焼きの甘い瓦は、ほどよく手を入れて、交換するひつようがありました。。。
しかし、現在の瓦は焼きムラもほとんどないので、そんな心配はないでしょうね。。。

ただ残念ながら、これは「瓦」に限ってのお話です。「屋根」もというわけにはいきません…
「瓦」の耐用年数は半永久といっても、これが「屋根」になるとメンテナンスをしないと長持ちはしません。先ほどの「国宝 唐招提寺金堂」でさえ、100年に一度は改修工事をしてるんですから…

せっかく耐用年数の長い「瓦」を使っているのに、「家」のほうが先にダメになってしまったんではもったいないですよね。。。
しっかりとしたメンテナンスと瓦屋根で、みなさんのお住まいを長持ちさせて、快適な生活を送ってくださいね!

それではまた~


★★★★★★★★ホームページ・ブログはこちら★★★★★★★★


一ノ瀬瓦工業HP
http://ichinose-kawara.jp/

スタッフブログ
http://garakusya.exblog.jp/




この記事を書いたプロ

(有)一ノ瀬瓦工業 [ホームページ]

職人 一ノ瀬靖博

山梨県笛吹市石和町松本829-4 [地図]
TEL:055-262-2771

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
快適な住まいを守る屋根工事のプロ

あらゆる屋根の相談に応じる若き瓦職人(1/3)

 国道140号沿いの「屋根のプロ集団」と力強く書かれた大きな看板に目が留まり、笛吹市石和町松本の一ノ瀬瓦工業を訪ねました。出迎えてくれたのは、さわやかな笑顔が印象的な専務取締役で瓦葺(ぶ)き1級技能士の一ノ瀬靖博さんです。 瓦葺き、各種屋...

一ノ瀬靖博プロに相談してみよう!

山梨日日新聞社 マイベストプロ

会社名 : (有)一ノ瀬瓦工業
住所 : 山梨県笛吹市石和町松本829-4 [地図]
TEL : 055-262-2771

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

055-262-2771

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

一ノ瀬靖博(いちのせやすひろ)

(有)一ノ瀬瓦工業

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
America de¨ kawara¨project。。。♯7「塀のカーブ」
イメージ

みなさんお疲れ様です。。。いよいよ梅雨らしいジメジメモードになってきましたね☂瓦屋さんには厳しい季節到来...

[ アメリカ瓦プロジェクト ]

icci kawara products 6月5日open ‼
イメージ

icci KAWARA PRODUCTS 6月5日open!!ず~~~とオープンすると言っていながらここまで来てしまいましたが、い...

[ いぶし瓦の魅力 ]

America de¨ kawara¨project。。。♯6「理解されない合端作業…」
イメージ

みなさんお疲れさまです!当社の新しいプロジェクトがついに6月5日より始まります♪準備に1年以上費やしました...

[ アメリカ瓦プロジェクト ]

America de¨ kawara¨project。。。♯5「瓦到着‼」
イメージ

みなさんお疲れさまです‼最近また寒さが戻って来ましたが風邪など引いてないですか?僕のまわりでもかなり流行...

[ アメリカ瓦プロジェクト ]

America de¨ kawara¨project。。。♯4「瓦来ず・・・」
イメージ

みなさんお疲れさまです!いよいよ花見シーズン到来で春本番ですね♪手放しで喜べないのが花粉症の方々ですがお...

[ アメリカ瓦プロジェクト ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ