コラム

 公開日: 2011-02-28 

山梨県の耐震改修支援事業②〜国からの補助金上乗せ〜


山梨県の皆様、こんにちは。
南アルプス市の㈲望月建築板金です。
しとしと雨が降り続いていますね。
雨でも弊社は材料の加工やらなんかかんかありますが...(^^;

前回のコラムの続きです。

木造住宅耐震改修に力を入れ取り組んでいる山梨県ですが、実はこの「補助金制度」あまり利用されていないようです。

理由としては以下のようなことが挙げられます。

①不景気でお金がない
②地震に対する危機感の希薄
③制度そのものを知らない

県としては予算があるのにこれでは計画が成り立たない→(つまり、いざ地震が起きて、ほとんどの建物が倒壊してしまったら、それらを直すのに莫大な費用と時間、労働力が不足してしまう)

これでは困るということで、国では本年度(平成23年3月末まで)に限り、120万円以上の工事を対象に、市町村上乗せで30万円の補助金を出すそうです。
山梨日日新聞にも記事が記載されていました。

http://www.sannichi-ybs.co.jp/BOUSAI/index.html

市町村の補助金と合算すると最大で110万円の補助金制度です。
これは利用しない手はありません。

更にですよ?
耐震改修支援事業を実施した方を対象に『税制の特典』があります。
所得税の控除(20万円を限度)と固定資産税の減額です。
詳しくは以下をご覧下さい。

http://www.pref.yamanashi.jp/kenchikujutaku/documents/pamphlet.pdf

ということで、非常に心強いこの制度。
特に国からの補助金上乗せは今月末迄なので、耐震化を考えている方はお早めに申請された方がいいですよ(^o^)/ 
(今月中に着工ではなく、補助の申請処理が通ればいいそうです)


市町村によってやり方が若干異なるそうなので、詳しくはお住まいの市町村にお問い合せしてみて下さい。

耐震性アップのため、屋根の葺き替えをする際にはぜひ弊社にご相談くださいね(^^

この記事を書いたプロ

有限会社 望月建築板金 [ホームページ]

職人 望月博良

山梨県南アルプス市寺部2163-5 [地図]
TEL:055-284-6057

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
山梨の屋根をキレイにするプロ

金属屋根で耐震性アップ!家族が安心して暮らせる家に(1/3)

 日々、風雨や直射日光にさらされている屋根は、家の中で最も傷みやすい箇所です。しかし、実際に屋根の状態を把握している家庭は少なく、雨漏りして初めて、破損や老朽化に気づくケースがほとんど。放っておくと、雨水が壁の内部にまで染み込み、家そのもの...

望月博良プロに相談してみよう!

山梨日日新聞社 マイベストプロ

この道40年以上金属加工のスペシャリスト

会社名 : 有限会社 望月建築板金
住所 : 山梨県南アルプス市寺部2163-5 [地図]
TEL : 055-284-6057

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

055-284-6057

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

望月博良(もちづきひろよし)

有限会社 望月建築板金

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
実際の屋根伏せの様子(カバー工法)

職人さん達にとっては見慣れた光景ですが、実際屋根ってどうやって工事するの? と。そんな疑問に答える動画を...

[ 金属屋根 ]

屋根材を現場で切る!

屋根材を発注する際、勿論実測したり図面を見た上で長さを指定して発注するんですが、ぴったりフィットすることは...

[ 金属屋根 ]

コロニアル屋根についてブログ更新しました。

今回の事例は施工後の写真を撮り忘れてしまいましたので施工前の写真だけでご紹介します。実は最近増築工事が増...

[ コロニアル屋根 ]

凹んだ屋根の対応

今回の事例をご紹介します。太陽光発電業者がパネルの点検のために二段はしごで屋根に上ろうとしたところ転落。...

[ 金属屋根 ]

大型屋根だからと油断していませんか?
イメージ

30~40年前に建てた大型建物の屋根の改修工事がここ最近多く、忙しく過ごしている弊社です。あまりの忙しさにハ...

[ 金属屋根 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ