コラム

 公開日: 2011-04-01 

今日から4月!春の養生方法


今日から4月、新しいシーズンの始まりですね。

3月は東日本大震災という未曾有の危機に見舞われました。今後も本当に微力ではございますが、仕事や地域での奉仕活動などを通じて被災地の方々の力になることが出来ればと思います。

さて、中医学や東洋医学の世界では、「春は芽吹く時期」と言われています。新陳代謝が活発になったり、体躯の中に溜まった老廃物を外に出したりしてカラダを新しく生まれ変わらせようとする時期だと考えられています。

この時期に湿疹や肌荒れなどカラダの表面に出るような症状が多く出るのは、体の中に溜まっていた物が表に出てくるためかもしれませんね。漢方的な考え方では、春先のこんな症状には、症状を抑えつけるきつい薬をできるだけ使わず、老廃物をしっかりとだしてしまったほうが体にとっては良い場合もあると言えるかもしれませんね。

以前のコラムでも春と自律神経のことはお伝えしましたが、4月は入学・進級・就職・異動・転勤など、環境の変化が多い時期です。
春先に体調不良や気分が優れないというのは自律神経のバランスが崩れやすい時期ということも関係があるかもしれません。

次回からは春の養生方法についてご紹介したいと思います。

この記事を書いたプロ

株式会社 沢田屋薬局 [ホームページ]

販売職 早川弘太

山梨県笛吹市石和町市部1084 [地図]
TEL:055-262-2030

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

さわたや薬局のお客様の声は「漢方体験.com」のホームページより御覧いただけます。下記のリンクより御覧ください~http://www.kanpo-taiken.com/experience/result/4...

気になる症状
イメージ

ストレスや日常の忙しさで多くの方がカラダの不調を抱えていらっしゃいます。その中でもとくに多いご相談と、その症状に対する考え方をご紹介します。『なにをやっ...

 
このプロの紹介記事
健康相談のプロ 沢田屋薬局 早川弘太

漢方薬と中医学で体と心の健康をサポートします(1/3)

 笛吹市で創業から約240年にわたり、地域の人々の健康をサポートしている「沢田屋薬局」は、石和市部本通り沿いにあります。お客さん一人一人の生活習慣に着目しながら、漢方薬や中成薬(中国の漢方薬)、自然薬などを用いた健康方法を提案しているほか、...

早川弘太プロに相談してみよう!

山梨日日新聞社 マイベストプロ

漢方と健康相談の専門家が心とカラダの健康をサポート致します

店名 : 株式会社 沢田屋薬局
住所 : 山梨県笛吹市石和町市部1084 [地図]
TEL : 055-262-2030

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

055-262-2030

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

早川弘太(はやかわこうた)

株式会社 沢田屋薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
インフルエンザの予防について
イメージ

 インフルエンザ予防・治療と予防は違います インフルエンザの流行が収まる気配がありませんね。。。 ...

[ インフルエンザ予防 ]

カラダにはもちろん良くない・ジャンクフードやお菓子との上手な付き合い方【山梨 漢方 さわたや薬局
イメージ

 カラダに悪いことはわかっているけども・・・・ わかっちゃいるけどやめられない・・・・お酒、タバコ...

[ 食事と健康 ]

今日は1月30日〜石和温泉の日〜温泉と健康について【山梨 漢方 温泉 健康 さわたや薬局】
イメージ

 1月30日は石和温泉の日 今日は1月30日石和温泉の日です。石和温泉旅館協同組合加盟店の温泉で日帰り入...

[ 入浴と健康 ]

万全の状態で試験を受けるために〜受験生の健康対策〜【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

今日からいよいよセンター試験。今年も寒波にみまわれて多くの学生の方にも影響が出ていると思います。 いつも...

[ 受験生と健康 ]

漢方的おしっこトラブル対策『冷え性タイプ』&全般向け対策法【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 ☆寒さ・冷えによる尿トラブル「陽虚(ようきょ)」タイプ☆ 先月からシリーズでお伝えしている10人に一人が...

[ 尿トラブル ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ