コラム

 公開日: 2011-05-30 

薬食同源・・・五味は五臓を助ける

山梨県内にも梅雨いり宣言が出されましたね。

蒸し暑い日がこれから始まると思うと爽やかな春は懐かしくなります・・・・

さて、季節が熱くなるにつれ、徐々に味のはっきりしたものを欲しくなってきます。

その代表が「塩分」「辛味」ではないでしょうか?

塩分は汗と共に消耗され、どうしても汗をかくことが多い仕事の方や、夏場は塩辛いものが増えてしまいます。

また、辛味は一見、辛さで体が温まりそうなイメージが有るかもしれませんが、量が過ぎると辛温解表薬と同じように発汗作用によりカラダの熱を冷ます働きがあります。

暑い時に辛いものを食べて汗をかいてすっきり!なんてことよくありますよね。

このように東洋医学では、味それぞれにカラダに対する働きがあると考えられています。

酸味を欲しがるときは欲しがるなりの理由が

苦味がほしい時はそれなりの理由が

甘味、辛味、しおから味、それぞれに薬と言ってもいいような働きがあるのです。これこそまさに「薬食同源」の考え方。

口に入れる物全てに薬同様のなにかしらカラダの中から働きかける作用があるのです。


次回はそれぞれの味の特徴を見ていきたいと思います。

この記事を書いたプロ

株式会社 沢田屋薬局 [ホームページ]

販売職 早川弘太

山梨県笛吹市石和町市部1084 [地図]
TEL:055-262-2030

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

さわたや薬局のお客様の声は「漢方体験.com」のホームページより御覧いただけます。下記のリンクより御覧ください~http://www.kanpo-taiken.com/experience/result/4...

気になる症状
イメージ

ストレスや日常の忙しさで多くの方がカラダの不調を抱えていらっしゃいます。その中でもとくに多いご相談と、その症状に対する考え方をご紹介します。『なにをやっ...

 
このプロの紹介記事
健康相談のプロ 沢田屋薬局 早川弘太

漢方薬と中医学で体と心の健康をサポートします(1/3)

 笛吹市で創業から約240年にわたり、地域の人々の健康をサポートしている「沢田屋薬局」は、石和市部本通り沿いにあります。お客さん一人一人の生活習慣に着目しながら、漢方薬や中成薬(中国の漢方薬)、自然薬などを用いた健康方法を提案しているほか、...

早川弘太プロに相談してみよう!

山梨日日新聞社 マイベストプロ

健康相談の専門家があなたの心とカラダの健康をサポート致します

店名 : 株式会社 沢田屋薬局
住所 : 山梨県笛吹市石和町市部1084 [地図]
TEL : 055-262-2030

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

055-262-2030

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

早川弘太(はやかわこうた)

株式会社 沢田屋薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
温泉と入浴の驚くべき働きとは!?【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 春の健康管理には温泉&入浴がオススメ 季節の変わり目春にご紹介する健康情報は『温泉・入浴・お風呂の力...

[ 入浴と健康 ]

春に体調を崩しやすいのはなぜ??【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 体調管理で春こそ気をつけたいことは? 寒い寒いと言っていた冬も終わり3月に入りましたね!まだまだ肌寒い...

[ 入浴と健康 ]

花粉対策にも繋がる!温度差に強い体づくり【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

花粉症対策などについて先月からお届けしたシリーズも今回で最終回です。前回より、花粉に強い体は温度差に強...

[ 花粉症対策 ]

もう一つの花粉症対策!?温度差に強い体を!【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 ☆もう一つの花粉症対策!?温度差に強い体を!☆ 花粉症にそっくりな症状で実はスギやヒノキなどの花粉とは...

[ 花粉症対策 ]

花粉症の原因とその対策【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

花粉症対策について前回の続きをお届けしています。前回は原因その1の花粉の侵入対策についてお届けしました...

[ 花粉症対策 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ