コラム

 公開日: 2011-11-21  最終更新日: 2014-06-04

くすり屋が語る自律神経のお話⑥~山梨 漢方 沢田屋薬局~



くすり屋が語る自律神経のお話。今回は5回目です。

今回の特集は自律神経と我々には切っても切れない習慣である「入浴」にスポットを当ててご紹介します。

温泉や入浴と自律神経というちょっと変わった視点からお届けをしております。

当店はご相談のお客様には漢方薬中心にご提案をしております、健康に対する考え方のベースは漢方や中医学の理論です。

しかし、すべてのことを漢方や中医学でおこなうわけではありません。今回のテーマのように生活習慣の改善や、運動なども取り入れて健康アドバイスを送るようにしています。

このあたりがいわゆる普通の「漢方薬局」と異なる点かもしれませんね。色々な視点から皆さんの健康をサポートしたいと思っています。

さて、前回までは温泉や入浴には温度や環境により自律神経をサポートする働きが張るということをお伝えしてきました。

お風呂にお湯を張る「入浴」

この歴史は意外と浅く、毎日の湯船をはっての入浴が一般的になったのは家庭へのガスの供給が一般的になった高度経済成長期以降だと言われています。

しかしながら、いわゆる湯湯治の歴史は非常に古く、地より湧き出る温泉には数多くの神話とのつながりも知られており、日本人にとっては非常に縁が深いものと考えられています。

実は毎日の入浴習慣の是非は江戸時代より漢方医たちの間で論じられてきました。

後世派と言われる漢方医たちは温泉療法以外による入浴は体内の気を乱して体に悪影響を及ぼすと考えていました。

「養生訓」で有名な貝原益軒ですら、10日に1度ぬるま湯に沐浴すれば良く、それ以上の入浴は逆に毒となると書かれております。

これに対して、古方派と言われている漢方医たちは適度な入浴は気の循環を良くして体内の毒物を外に排出するのを助けると論じており、西洋医学を行なっていたいわゆる蘭方医も皮膚にアカが付着することの危険性などから、頻繁の入浴は毒である、などと論じていました。

入浴に歴史あり、ですね。

日本は古来より四季があり、高温多湿。適度に汗をかいておかないとどうしてもカラダの中に「湿」がたまる体質だと僕は思っています。

また、大陸性の乾燥気候ではなく、海に囲まれて湿った空気がしっかり入る海洋性の気候のため、適度にカラダの中の水分を入れ替えることが必要ではないかと僕は考えます。

このような考えから、日本人の健康管理にとって適度な入浴は非常に健康的なのではないかと思います。

また、前回までご紹介した入浴と自律神経のバランスを考えてもこのストレス社会の現在、上手に入浴を活用することで、心もカラダもリフレッシュすることが可能ではないかと思います。

入浴という毎日の習慣一つとってもちょっと工夫するだけでカラダのお手入れは可能です。

くすり屋が言うのもおかしいと思うかもしれませんが、体調を崩して薬を飲むだけではなく、ぜひ病気になってしまった原因=生活習慣・環境なども一緖に改善をして行きましょう。

薬だけで、医療だけで病気が治ることはないのですから。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇最新情報◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

11月も自律神経バランス測定・血流測定会を開催中です
http://mbp-yamanashi.com/sawataya/seminar/
詳しくは上のリンクをご覧下さいね~


◇◇◇◇◇◇◇マスコミ・雑誌掲載情報◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

☆レミオロメンの特集・数々の企画連載が好評のタウン誌
「Hope(ホープ)」に健康アドバイザーとしてコラムを掲載中
~県内各地にて無料配布中~
最新号はレミオロメンライブレポートなどです(^O^)

☆山梨のグルメ情報誌「ポケこあ」最新号にて健康コラムを連載して
おります。最新号は山梨県のラーメン特集です(^^)v
~県内書店・コンビニにて好評発売中~

☆FM甲府のラジオ番組に健康アドバイザーとして出演中
毎月第一水曜日の午後13時30分頃より出演しております。
\(^o^)/


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇HP・ブログのご案内◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

アメーバブログにてブログを公開中!
★さわたや薬局9代目・漢方徒然日記★
http://ameblo.jp/sawataya1084/

★Twitter★
適につぶやいております~
http://twitter.com/sawatayaph

☆さわたや薬局のHP☆
http://www.geocities.jp/sawataya1084/

☆携帯用さわたや薬局HP☆
http://www.sky.geocities.jp/kouchan4650/

☆マイベストプロ山梨の早川弘太のページ☆
http://mbp-yamanashi.com/sawataya

この記事を書いたプロ

株式会社 沢田屋薬局 [ホームページ]

販売職 早川弘太

山梨県笛吹市石和町市部1084 [地図]
TEL:055-262-2030

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

さわたや薬局のお客様の声は「漢方体験.com」のホームページより御覧いただけます。下記のリンクより御覧ください~http://www.kanpo-taiken.com/experience/result/4...

気になる症状
イメージ

ストレスや日常の忙しさで多くの方がカラダの不調を抱えていらっしゃいます。その中でもとくに多いご相談と、その症状に対する考え方をご紹介します。『なにをやっ...

 
このプロの紹介記事
健康相談のプロ 沢田屋薬局 早川弘太

漢方薬と中医学で体と心の健康をサポートします(1/3)

 笛吹市で創業から約240年にわたり、地域の人々の健康をサポートしている「沢田屋薬局」は、石和市部本通り沿いにあります。お客さん一人一人の生活習慣に着目しながら、漢方薬や中成薬(中国の漢方薬)、自然薬などを用いた健康方法を提案しているほか、...

早川弘太プロに相談してみよう!

山梨日日新聞社 マイベストプロ

健康相談の専門家があなたの心とカラダの健康をサポート致します

店名 : 株式会社 沢田屋薬局
住所 : 山梨県笛吹市石和町市部1084 [地図]
TEL : 055-262-2030

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

055-262-2030

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

早川弘太(はやかわこうた)

株式会社 沢田屋薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
あらためて考える『大便』の大切さ〜お通じ大丈夫ですか?【山梨 便秘 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 お通じは『カラダからの大きな便り(大便)』 今年もあっという間に師走、12月ですね。年末年始は忘年会や...

[ 腸の健康 ]

腸の健康〜なぜ腸はこんなに凄いのか?【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 ☆腸に様々な働きがある訳☆ 今月のマイベストプロ山梨の健康コラムは『腸の健康〜腸能力』についてお届けし...

[ 腸の健康 ]

腸の健康〜まだまだあります!腸の働き〜その2【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 様々な腸の働き・腸能力パート2 前回より腸が持つ様々な働きについてご紹介をしてきました。前回まで4つ...

[ 腸の健康 ]

腸の健康〜こんなにあるのか腸の働き!〜【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 「腸」すごいぞ!こんなにある腸の働き 前回はウンチの話をしたので、腸=ウンチをつくるところぐらいにし...

[ 腸の健康 ]

腸の健康はカラダの元気〜『大きな便り』ちゃんと来ていますか?【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 健康のバロメーターあなたの『腸』は元気ですか? 皆さん、お腹の調子はいかがですか?秋は『肺−鼻−大腸...

[ 腸の健康 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ