コラム

 公開日: 2013-01-22  最終更新日: 2014-06-28

長寿遺伝子のスイッチを入れる食事とは?【山梨 漢方 沢田屋薬局】





前回のコラムでは確かにそのとおりですよね。長寿の75%はどんな環境で生活をしているか(食事・運動・心の状態)によって決まる、とお話をしました。

今回はその続きです。

健康長寿を目指すにはどんな食事を取ればいよいのか?



それでは健康長寿を目指すにはどんな食事をすれば良いのでしょう?


その前にお伝えしておきたいことは講演会の中でも白澤先生がおっしゃっていたことは「メタボリックの方は長寿遺伝子のスイッチはONにならない」ということです。

当たり前ですが、それぐらい食事と運動は大切ということです。

「若々しい」というのは体の細胞の老化が決めるそうです。

では何が細胞の老化を決めるかというと「食べているもの」です。白澤先生はガンになる一つの要因はやはり食べ物にあるとおっしゃっていました。

ここで有名な実験のお話をしてくれました。サルを使った実験で栄養素はしっかりと取りながら、普通の食事を与え続けたサルと、カロリーを30%カットした食事を食べ続けたサルの比較をする実験です。

結果はどうなったでしょうか・・・?

順天堂大学のHPではその研究について以下のように出ておりました。


「人間の年齢で70歳。カロリー制限をおこなったサルは、肌や毛並みに色ツヤがあり、白髪やシワも少なく若々しく見えます。また、若返りホルモンDHEASの値も高く、脳が活性化されていることも確認されました。細胞レベルにおいても、活性酸素による損傷が少ないため、動脈硬化になる危険性が小さいといえます。」


このような報告がされています。我々の食事も同じで必要な栄養素はしっかりと確保してカロリーはある程度セーブしていくことが大切だと思います。

間違った食事法で栄養素までカットしてしまうと大変です。逆に栄養失調で病気になってしまいます。


先生はもっとも重要なのは野菜で、大切なのはカロリーがほとんどないものだと述べていました。野菜の中にあるのは「ビタミン・ミネラル・食物繊維」です。これらをしっかりと摂取しておくことが大切なのです。


では、カロリーがある食べ物は・・・「炭水化物・脂質・タンパク質」です。本当のカロリー制限とは何がカロリーがあって、カロリーが無いかをしらないといけないのです。

もちろん炭水化物も脂質もタンパク質も大切な栄養素です。バランスを考えて摂取することがこの「飽食の時代」を生き抜く知恵といえるでしょう。

食べ過ぎを防ぐコツ



~白澤先生の「食べ過ぎを防ぐコツ」~
①よく噛んで食べる(一口30回)
②野菜(海藻)から食べる
③規則正しく(時間帯)食べる
④一人前に分けて食べる(大皿料理は食べ過ぎのもと)
⑤食べ放題(バイキング・ブッフェ)に近づかない
当たり前のことですが、一つづつでも実践したいですね。そして太りにくい生活のコツとしては
☆毎日同じ体重計に乗る(違う体重計だと必ず誤差がでる)

☆体重が増えてたら活動を見返して、増えた体重を48時間以内に戻すと問題が少ない

野菜ならお腹いっぱい食べてもカロリー制限ができる。

野菜をたくさん食べる食生活が良いといことです。やはり古来から伝わる伝統的な食生活が良いということですね。

そして白澤先生は野菜に含まれている食物繊維の話もされていました。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があることはご存知だと思います。

それぞれの役割は・・

☆水溶性食物繊維・・・例えるならスポンジの役割。いろいろなものを吸着してくれる。腸内で吸収したくないもの、農薬やダイオキシンなども吸着してくれて排出する手助けをしてくれるということです。
☆不溶性食物繊維・・・例えるなら雑巾の役割。腸内の掃除をしてくれて善玉菌を増やしたり、便通の改善をしてくれる。


このようなお話をされていました。そして食物繊維はコレステロールなどが多いものを食べる間に摂取することが大切だともおっしゃっていました。

カロリーの高いものを食べた後に繊維質をとっても宝の持ち腐れで順番を間違えないようにしたほうが良いとのことです。

次回はアンチエイジングに注目されている話題の物をご紹介します(^^)

沢田屋薬局のHPはこちらから
http://www.sawataya.com

ブログもぜひ御覧ください
http://ameblo.jp/sawataya1084/


健康相談・各種健康測定ご希望の方はご予約のお電話・
メールをいただくと待ち時間が少なく便利です。

お電話はこちら↓(午前9時~午後7時)
℡ 055-262-2030

メールの方はこちらから↓
info@sawataya.com




この記事を書いたプロ

株式会社 沢田屋薬局 [ホームページ]

販売職 早川弘太

山梨県笛吹市石和町市部1084 [地図]
TEL:055-262-2030

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

さわたや薬局のお客様の声は「漢方体験.com」のホームページより御覧いただけます。下記のリンクより御覧ください~http://www.kanpo-taiken.com/experience/result/4...

気になる症状
イメージ

ストレスや日常の忙しさで多くの方がカラダの不調を抱えていらっしゃいます。その中でもとくに多いご相談と、その症状に対する考え方をご紹介します。『なにをやっ...

 
このプロの紹介記事
健康相談のプロ 沢田屋薬局 早川弘太

漢方薬と中医学で体と心の健康をサポートします(1/3)

 笛吹市で創業から約240年にわたり、地域の人々の健康をサポートしている「沢田屋薬局」は、石和市部本通り沿いにあります。お客さん一人一人の生活習慣に着目しながら、漢方薬や中成薬(中国の漢方薬)、自然薬などを用いた健康方法を提案しているほか、...

早川弘太プロに相談してみよう!

山梨日日新聞社 マイベストプロ

健康相談の専門家があなたの心とカラダの健康をサポート致します

店名 : 株式会社 沢田屋薬局
住所 : 山梨県笛吹市石和町市部1084 [地図]
TEL : 055-262-2030

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

055-262-2030

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

早川弘太(はやかわこうた)

株式会社 沢田屋薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
あらためて考える『大便』の大切さ〜お通じ大丈夫ですか?【山梨 便秘 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 お通じは『カラダからの大きな便り(大便)』 今年もあっという間に師走、12月ですね。年末年始は忘年会や...

[ 腸の健康 ]

腸の健康〜なぜ腸はこんなに凄いのか?【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 ☆腸に様々な働きがある訳☆ 今月のマイベストプロ山梨の健康コラムは『腸の健康〜腸能力』についてお届けし...

[ 腸の健康 ]

腸の健康〜まだまだあります!腸の働き〜その2【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 様々な腸の働き・腸能力パート2 前回より腸が持つ様々な働きについてご紹介をしてきました。前回まで4つ...

[ 腸の健康 ]

腸の健康〜こんなにあるのか腸の働き!〜【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 「腸」すごいぞ!こんなにある腸の働き 前回はウンチの話をしたので、腸=ウンチをつくるところぐらいにし...

[ 腸の健康 ]

腸の健康はカラダの元気〜『大きな便り』ちゃんと来ていますか?【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 健康のバロメーターあなたの『腸』は元気ですか? 皆さん、お腹の調子はいかがですか?秋は『肺−鼻−大腸...

[ 腸の健康 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ