コラム

 公開日: 2014-01-07  最終更新日: 2014-06-28

新年だからこそ注意したい『食養生』の大切さ【山梨 漢方 沢田屋薬局】

いよいよ2014年もスタート致しました。今年はカレンダーの関係で長期のお正月休みだった方も多いのでは無いでしょうか?休み中の飲食はいかがでしたか?

年末年始は忘年会、新年会と外食の機会が増えるとともに、長い休みで普段とは異なる食事のリズムになることから胃腸の調子を崩しやすい時期です。この時期に思うことは、やはり人間(動物)は食べるもので体ができている、ということです。

『食は命なり』

当店でも常にお客様に『一番の薬は毎日の食事』とお伝えしています。健康的な食事を無視して、薬やサプリメントをとってもそれは意味がありません。
サプリメントも健康的な食生活をしていてもどうしても内臓機能の低下などで十分に補給することができない栄養素や、とっておくと健康に栄養素など最低限で良いというのが私の考えです。食事内容がお粗末でサプリメントを摂取していても本末転倒。どちらかと言うと現代人は『食べ過ぎ』『飲み過ぎ』などの過剰摂取で病気になる方が多い時代。十分に注意したいですね。

サプリメントなどは『なんとなく体に良さそうだから・・・』という理由で不必要な物を摂取していて、本当に必要な物が不足している方も多くいらっしゃいます。本当に自分の健康や、自分の弱い所を補うために必要な物が何か?今一度この新年を期に考えてみると良いかもしれませんね。

中医学には『薬食同源』という言葉があります。食材にはそれぞれ味や性質などがあり、それが体に作用して体調を整えてくれる、という考え方です。

代表的なところでは食材に『温・熱・涼・寒・平』と体を温めたり、熱を産んだり、熱をとってくれたり、冷やしたりと様々な働きがあると言われていたり、

味でも『酸味 辛味 苦味 甘味 鹹味(しおから味)』があると言われており、季節や体質により必要な物が異なってきます。

この話をすると『◯◯は体を冷やすから食べないようにしています!』という方が多くいらっしゃいますが、そうではなく、食材の特徴はあくまでも食材、生で食べる者をのぞいていは基本的に調理して食べるので、その調理の仕方なども重要になってきます。

日本の伝統的な料理はこの辺りも非常に理にかなっており、冷やすものと温めるものを一緒に食べたり、冷やすものも火を入れて食べることでその冷やす働きを和らげたりと様々な工夫がされています。

例えば、体を冷やす『なす』を食べるとき、薬味で『しょうが』を使うことが多いと思います。これも冷やす『なす』に温性の『しょうが』を加える事でバランスをとっているのです。

また、冷やす料理の代表格である『カレーライス』も日本では温性のらっきょうを一緒に食べることが多いですよね?

豚肉を生姜焼きで食べることもそのような観点からみると非常に興味深く見ることができると思います。

トマトも体を冷やす、熱をとる食べ物ですが、夏はトマトスライスなどで食べても良いのですが、冬はミネストローネのような火を入れる食べ方で食卓にあげることで、体を冷やす働きを減らすことができ、トマトの良い所を冬でも取り入れることができるのです。

調理法などにも注目しながら毎日の食事を気をつけていきたいですね。

次回は『食』とは切っても切れない縁のある消化器系、中医学で言うと『脾胃の働き』についてお届けいたします。

沢田屋薬局に漢方相談、健康相談をご希望の方は事前のご予約をオススメいたします。
まずはお気軽にお電話ください(^O^)

ご予約・お問い合わせ・・・055−262−2030

HPはこちらからご覧いただけます。
http://www.sawataya.comhttp://www.sawataya.com



この記事を書いたプロ

株式会社 沢田屋薬局 [ホームページ]

販売職 早川弘太

山梨県笛吹市石和町市部1084 [地図]
TEL:055-262-2030

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

さわたや薬局のお客様の声は「漢方体験.com」のホームページより御覧いただけます。下記のリンクより御覧ください~http://www.kanpo-taiken.com/experience/result/4...

気になる症状
イメージ

ストレスや日常の忙しさで多くの方がカラダの不調を抱えていらっしゃいます。その中でもとくに多いご相談と、その症状に対する考え方をご紹介します。『なにをやっ...

 
このプロの紹介記事
健康相談のプロ 沢田屋薬局 早川弘太

漢方薬と中医学で体と心の健康をサポートします(1/3)

 笛吹市で創業から約240年にわたり、地域の人々の健康をサポートしている「沢田屋薬局」は、石和市部本通り沿いにあります。お客さん一人一人の生活習慣に着目しながら、漢方薬や中成薬(中国の漢方薬)、自然薬などを用いた健康方法を提案しているほか、...

早川弘太プロに相談してみよう!

山梨日日新聞社 マイベストプロ

健康相談の専門家があなたの心とカラダの健康をサポート致します

店名 : 株式会社 沢田屋薬局
住所 : 山梨県笛吹市石和町市部1084 [地図]
TEL : 055-262-2030

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

055-262-2030

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

早川弘太(はやかわこうた)

株式会社 沢田屋薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
春のストレス対策〜ストレスはコントロールできる?【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 春のストレス対策とは?? 春は5月病に代表されるように、生活環境が変わることにより様々なストレスがお...

[ メンタルケア 漢方 ]

温泉の働き〜その2〜&入浴とリスクについて【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

温泉と入浴と健康についてお届けをしたシリーズも今日で最終回です。春は気温差や天候変化によりカラダが冷え...

[ 入浴と健康 ]

温泉の素晴らしい働き〜その1・温熱作用【山梨 漢方
イメージ

春におすすめの健康法として温泉と入浴についてお届けしています。今回からは『なぜ温泉、お風呂に入ると健康...

カラダに良いからこそ安全に入浴を〜安全に入浴を〜【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

春はカラダの冷えや、自律神経が乱れやすい、そんな春先の不調におすすめのカラダのお手入れ法が入浴ということで...

[ 入浴と健康 ]

温泉と入浴の驚くべき働きとは!?【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 春の健康管理には温泉&入浴がオススメ 季節の変わり目春にご紹介する健康情報は『温泉・入浴・お風呂の力...

[ 入浴と健康 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ