コラム

 公開日: 2014-01-21  最終更新日: 2014-06-28

新年こそ『食養生』〜良い食事の条件とは?〜【山梨 漢方 沢田屋薬局】

〜良い食事の条件とは??〜『五味』と『五性』のバランス


食養生についてお届けしていますが、良い食事をきちんと吸収したり、体の元気につなげるためにも『脾胃』が元気じゃないとダメ、ということをお伝えしました。

では、体に良い食事の条件とは一体何でしょうか?

☆『味』と『性質』考えて☆


体に良い食事とは・・・いつもしつこいぐらいにお伝えしていますが、トマトを沢山食べることでもなく、玉ねぎを山のように食べることでもなく、納豆や豆腐を毎食ガブガブ食べることではありません(笑)
ましてや、お米を全く食べないとか、肉は全然食べないとか、油物をたくさん食べると長生きをするなんてことも当然ありません。

大切なのは『バランス』です。そして『食材』で見るのではなく、調理された状態でバランスを見ることが大切です。

その目安になるのが食べ物の『味(五味)』と『性質(五性)』です。この2つを考えてバランスよく食事を取ることが基本であり、そのうえで季節や体調にあった食材を上手に組み込んで献立を立てることが大切でしょう。

☆5つの味『五味』


中医学では食べ物には5つの味があると考えています。それぞれの味が五臓六腑ともつながっていると考えられており、古くから健康と食事の重要性を大切にしていたことがわかります。こういう物の考え方は西洋医学にはない、東洋医学独特のものだと思います。

①酸味・・・・『肝』の働きを整える。汗や尿などの過剰な流出を抑える。レモン、梅干し、酢、など
②苦味・・・『心』の働きを整える。体内の余分な熱や湿(余分な水分や汚れ)を取り除く。ニガウリ、銀杏、緑茶、など
③甘味・・・『脾胃』の働きを整える。養分を補給し、身体を養う。白米、牛乳、バナナ、肉類、黒砂糖、など
④辛味・・・『肺』の働きを整える。血流を良くし、ストレスや邪気を発散する。生姜、ネギ、ニンニク、大根、など
⑤鹹味(自然の塩辛さ)・・・『腎』の働きを整える。便通などを促す。昆布類、いか、あさり、など

☆5つの性質『五性』☆


温める食材、冷ます食材など様々ですが、基本は調理をして食べるので、火を入れて食べたりすることで補うことができます。生で食べる場合などはご注意ください。
①寒性・涼性・・・体内の熱を冷まし、体を冷やす食材。きゅうり、トマト、大根、ほうれん草、梨、など
②温性・熱性・・・体を温め、気・血の流れを良くする食材。生姜、ねぎ、ニンニク、唐辛子、肉類など
③平性・・・冷やし過ぎず、温め過ぎない、常食に適した穏やかな食材。米、じゃがいも、きゃべつ、大豆など

大切なのは繰り返しになりますが、バランスです。『私は冷え性だから冷ます食材は食べては行けないのよね!!』などと偏ると、体全体を見た場合は都合の悪いことがあったりします。

食材も味付けもバランスよくが大切です。気が付くと『甘い味』『しょっぱい味』に偏っていたり、食材もいつも同じようなものばかりになると体のバランスを崩しやすくなるのでご注意くださいね。

お正月疲れが出ていませんか?元気に新しい年をスタートするためにも休み疲れはしっかりととっておきましょう。沢田屋薬局までお気軽にご相談ください(^O^)

ご予約・お問い合せは・・・055−262−2030

HPはこちらから
http://www.sawataya.comhttp://www.sawataya.com




この記事を書いたプロ

株式会社 沢田屋薬局 [ホームページ]

販売職 早川弘太

山梨県笛吹市石和町市部1084 [地図]
TEL:055-262-2030

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

さわたや薬局のお客様の声は「漢方体験.com」のホームページより御覧いただけます。下記のリンクより御覧ください~http://www.kanpo-taiken.com/experience/result/4...

気になる症状
イメージ

ストレスや日常の忙しさで多くの方がカラダの不調を抱えていらっしゃいます。その中でもとくに多いご相談と、その症状に対する考え方をご紹介します。『なにをやっ...

 
このプロの紹介記事
健康相談のプロ 沢田屋薬局 早川弘太

漢方薬と中医学で体と心の健康をサポートします(1/3)

 笛吹市で創業から約240年にわたり、地域の人々の健康をサポートしている「沢田屋薬局」は、石和市部本通り沿いにあります。お客さん一人一人の生活習慣に着目しながら、漢方薬や中成薬(中国の漢方薬)、自然薬などを用いた健康方法を提案しているほか、...

早川弘太プロに相談してみよう!

山梨日日新聞社 マイベストプロ

漢方と健康相談の専門家が心とカラダの健康をサポート致します

店名 : 株式会社 沢田屋薬局
住所 : 山梨県笛吹市石和町市部1084 [地図]
TEL : 055-262-2030

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

055-262-2030

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

早川弘太(はやかわこうた)

株式会社 沢田屋薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
【メディア出演情報】YBS山梨放送のニュースワイドに出演します【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 ☆テレビ出演情報☆ 9月7日(木)YBS山梨放送にて放送予定の「ニュースワイド」に出演致します。内容は最近...

[ 健康全般 ]

秋の健康コラム☆秋バテの原因とその対策☆【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

今月は夏の疲れは秋にあらわれる!秋バテについてご紹介しています。先週は秋バテの症状と原因を紹介しました...

[ 秋バテ ]

秋バテ対策その②〜秋バテの原因とその対策【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

前回より昨年の秋に公開をしてご公表いただいた秋バテ対策についてのコラムを再掲載しております。昨年、今年...

[ 秋バテ ]

秋バテ対策その①〜本当の夏バテは秋にやってくる!?秋バテについて【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

すっかり秋らしくなってきましたが、今回からは昨年公開をして、ご好評いただいた、秋になると体調を崩す・・・秋...

[ 秋バテ ]

クスリは「リスク」?気になるクスリの副作用について【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 ☆薬の副作用は様々 薬を服用する場合多くの方がその効き目同様気になるのが『副作用』だと思います。前述の...

[ セルフメディケーション ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ