コラム

 公開日: 2014-02-04  最終更新日: 2014-06-28

食養生について〜内容だけじゃない!食事で大切なこと〜【山梨 漢方 沢田屋薬局】

☆食事で大切なのは『内容』はもちろん『時間』も大切☆


食事の内容、食べる内容についてお届けしてきましたが、実はみなさん忘れがちですが、食事にはもうひとつ大切な事があるのです。それは『いつ』食事を食べているか?です。

現在は様々な健康法が提唱されていて多くの方が様々な情報に振り回されていると思います。1日3食しっかり食べることが基本だと思いますが、この辺りはライフスタイル、仕事の内容などによって最適な方法があると思います。大切なのは『となりの奥さんが健康になった方法』を真似することではなく、『自分にはどんな方法が適切なのか?』ということを考えることです。

自分に合った健康的な食事法とは?


ちなみに私は仕事柄どうしても定期的な昼休憩を摂ることができず、昼食を抜いてしまうことが多々ありました。また、仕事中は常にご相談を受けたりと気を張っていることが多いので(交感神経優位状態)、お昼にたくさん食べたりするとどうしても胃もたれをしてしまいます。

ですから『私の場合は』昼食の量は最小限にして、食べ過ぎないように心がけています。それだけに私のような生活をしている場合は朝食をしっかりと食べること、夕食の時にお腹が空くのですが、食べ過ぎないこと、これを心がけています。

一人ひとり生活習慣が違うから・・・


当店では食事指導をする際は出来る限り一人ひとりのライフスタイルにあった方法を提案するように心がけています。夜勤のある方、昼休憩が不規則な方、勤務時間が毎回変わるような方、それぞれで必要な生活習慣の改善は異なりますので、四角四面で考えないようにしたいですね。

と入っても下記のような食生活が続く方は注意が必要です。

・忙しくてついつい食事を抜いてしまう(私は実際にこれが続き、夜のドカ食いにつながり体重を増やしてしまった経験があります)
・深夜に物をたくさん食べてしまう(夜勤などで空腹を感じることがあるとおもいますが、深夜に食べる場合は『何を』食べるかが大切です)
・食べる時間が短く、いつも早食い

不規則な食生活は脾胃に負担がかかり結果として体全体のバランスを崩す原因となります。下記の『こ食』に当てはまらないように注意しながら自分のライフスタイルに合った食生活を送りましょう。

☆あなたは大丈夫??『こ食』☆


『固食』・・・決まったものばかりを食べる『固定食』
これは特に一人暮らしの方に注意が必要な物です。気が付くと毎日ほぼ同じようなパターンの好きな物しか食べなくなってしまう状態です。当然体にはよくないですよね。

『孤食』・・・1人で食事を孤独にとる『孤独な食事』
1人ぐらしの方にはちょっと厳しいかもしれませんが、食事とは本来は大勢の家族で会話を楽しみながら食べるもの。『これ、美味しいね』『それ、食べないの?体にいいんだよ』などと会話を交わしながら楽しく食事をすることで食欲も増します。1人ではあまり食べない子供も、大勢で食べると沢山食べる、なんてこともよくありますよね。お子さんがいるご家庭では食卓は最高の教育と躾の場です。

『小食』・・・量が少なすぎる『小量の食事』
食事を食べるとうことは『生きる』ということにつながる大切なことです。食べ過ぎはもちろんダメですが、量が少なすぎる『小食』は体力ばかりではなく、気力も低下させてしまいます。特に『食べたくない・食欲が無い』『胃腸の調子が悪い』『食事が美味しく感じない』などの理由で食べれない状態が続くのは要注意です。早めの対策をとって、しっかりと食事が取れるような体にしていきましょう。

食育ではこの3つの『こ食』に加えて、個食(一人ひとりが別々の物を食べる、食卓崩壊している状態・毎日がファミレス状態)、粉食(粉を多く使った食生活・咀嚼力低下や栄養バランスで問題あり)の2つが加わり、5つのこ食、と言われています。


当店のお客様に共通していることですが、年配の方で元気な方はみんな食欲が旺盛ですし、食べることを楽しんでいる方がほとんどです。逆に体調の悪い方、特に精神的に疲れてしまっている方はその多くが食欲低下なども訴えております。きちんと栄養をとって、生涯元気に過ごせるようにしていくことは本当に大切なことです。新しい年を迎え、元気に過ごしたい!という方が多いと思います。まずはご自分の食生活を見なおして、元気な体作りをしていきましょう。

沢田屋薬局では病気の改善のために必要なお薬のご提案もいたしますが、同時に必要な生活習慣の改善もお伝えするようにしています。ぜひ自分にあった健康法を探していきましょう。

元気の秘訣は『食事・運動・心の癒やし』沢田屋薬局ではお薬の提案だけではなく、生活習慣の改善のお手伝いをしております。
まずはお気軽にお問い合わせください(^O^)

ご予約・お問い合わせ・・・055−262−2030

HPはこちらから
http://www.sawataya.comhttp://www.sawataya.com




この記事を書いたプロ

株式会社 沢田屋薬局 [ホームページ]

販売職 早川弘太

山梨県笛吹市石和町市部1084 [地図]
TEL:055-262-2030

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

さわたや薬局のお客様の声は「漢方体験.com」のホームページより御覧いただけます。下記のリンクより御覧ください~http://www.kanpo-taiken.com/experience/result/4...

気になる症状
イメージ

ストレスや日常の忙しさで多くの方がカラダの不調を抱えていらっしゃいます。その中でもとくに多いご相談と、その症状に対する考え方をご紹介します。『なにをやっ...

 
このプロの紹介記事
健康相談のプロ 沢田屋薬局 早川弘太

漢方薬と中医学で体と心の健康をサポートします(1/3)

 笛吹市で創業から約240年にわたり、地域の人々の健康をサポートしている「沢田屋薬局」は、石和市部本通り沿いにあります。お客さん一人一人の生活習慣に着目しながら、漢方薬や中成薬(中国の漢方薬)、自然薬などを用いた健康方法を提案しているほか、...

早川弘太プロに相談してみよう!

山梨日日新聞社 マイベストプロ

健康相談の専門家があなたの心とカラダの健康をサポート致します

店名 : 株式会社 沢田屋薬局
住所 : 山梨県笛吹市石和町市部1084 [地図]
TEL : 055-262-2030

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

055-262-2030

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

早川弘太(はやかわこうた)

株式会社 沢田屋薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
あらためて考える『大便』の大切さ〜お通じ大丈夫ですか?【山梨 便秘 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 お通じは『カラダからの大きな便り(大便)』 今年もあっという間に師走、12月ですね。年末年始は忘年会や...

[ 腸の健康 ]

腸の健康〜なぜ腸はこんなに凄いのか?【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 ☆腸に様々な働きがある訳☆ 今月のマイベストプロ山梨の健康コラムは『腸の健康〜腸能力』についてお届けし...

[ 腸の健康 ]

腸の健康〜まだまだあります!腸の働き〜その2【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 様々な腸の働き・腸能力パート2 前回より腸が持つ様々な働きについてご紹介をしてきました。前回まで4つ...

[ 腸の健康 ]

腸の健康〜こんなにあるのか腸の働き!〜【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 「腸」すごいぞ!こんなにある腸の働き 前回はウンチの話をしたので、腸=ウンチをつくるところぐらいにし...

[ 腸の健康 ]

腸の健康はカラダの元気〜『大きな便り』ちゃんと来ていますか?【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 健康のバロメーターあなたの『腸』は元気ですか? 皆さん、お腹の調子はいかがですか?秋は『肺−鼻−大腸...

[ 腸の健康 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ