コラム

 公開日: 2015-10-23 

薬局の本来の役割とは?〜厚労省の薬局認定制度導入を考える【山梨 漢方 さわたや薬局】

【健康づくり支援 厚労省、認定制度導入へ】


厚生労働省が『かかりつけ薬局の機能強化』ということについて取り組んでいるのをご存知でしょうか?その内容は地域住民の健康相談に応じる薬局を『健康づくり支援薬局』(仮称)として認定して地域の健康拠点としていきたいというものです。それにより地域の健康促進をはかり医療費の抑制に繋げたいという思いがあるようです。


【医療は発達したが病人は全く減っていない現実】


今までは病院での治療、薬局に関しては処方箋調剤に関することを中心に行ってきた厚労省がにわかに『地域の健康相談』ということを言い始めました。

こうした問題に厚労省が取り組む背景は、これだけ医療が発達したにもかかわらず、入院や外来、歯科なども含めて患者数が減少していない、医療費が増え続けているという問題があります。

どれだけ検査の精度があがっても、手術の技術が向上しても、新しい薬が開発されても、病人が減らないことには医療費は削減できません。ジェネリック医薬品を使えと皆様のところにもハガキや電話が市役所から行っているかもしれませんが、全体的な医療費の割合を考えたら、ジェネリックにしたところで焼け石に水です。

むしろ、検査、薬、手術が増えていくことでどんどん医療費が膨れ上がっています。これに介護保険も入るわけですから削減に本腰を入れなければ本当に国の保険制度、医療制度、介護制度が破綻します。

【認定制度は当たり前の機能が失われている現在の薬局への警鐘】


そこで白羽の矢をたてられたのが『薬局』です。白羽の矢というよりも、そもそも薬局とはもともと地域の身近な医療を担う『健康よろず相談所』だったはずです。

現在ほど『何かあればすぐ病院』という風潮になる前、私は昭和50年生まれですが、私が幼いころの薬局はまだそんな場所だったと記憶しています。ちょっと体調が悪い時は『くすりやさんで聞いておいで』という感じで近所の薬局に行き相談して、市販薬で対応できるのか?医療機関を受診したほうがいいのか?生活上で注意することは何か?そんなアドバイスをしてきたのが薬局だったはずです。


医療機関への受診勧告は街の薬局の大きな役割の1つでした。しかし現在は、調剤しかできない調剤薬局や物販中心のドラッグストアなど相談を応需できる体制にない業態が薬局のほとんどをしめており、本来なら当然薬局に備わっているべき相談機能が失われている為、わざわざ認定という制度をとらなければいけないところに現在の薬局のおかれている立場が現れていますし、薬剤師や登録販売者の意識や薬業人としてのレベルとモラルの低下が見られます。そのため健康相談をしている薬局が目新しく見えるという逆転現象が起きてしまっているのです。すべての方が相談を望まれているわけではないですが、どこので相談してよいか?困っている方が圧倒的に多いのが現実だと思います。

【なぜ健康相談をする場所が薬局なのか?】


それでは以前はそのような機能を持っていたとはいえ、健康相談をする場所がなぜ薬局や薬店なのでしょうか。病院でもいいのではないかと思う方もいると思いますが、基本的には病院は『病気になってから行く所』です。99%の方は病気になってしまったり、具合が悪くなってから病院を訪れます。しかし薬局は具合が悪くなって薬を買いに行くところであると同時に、具合が悪くなくても、毎日服用する保健薬やスキンケア関連品、雑貨など健康な人も足を運ぶ場所ですから気軽に訪れることができるし、相談もしやすいので未然に病を防ぐきっかけを作りやすいのです。

次回もこのテーマでお伝えします。

健康相談は『相談できる薬の専門店』さわたや薬局までお気軽にどうぞ〜

詳しくはさわたや薬局のHPを御覧ください

さわたや薬局のHPはこちらから




店舗写真

この記事を書いたプロ

株式会社 沢田屋薬局 [ホームページ]

販売職 早川弘太

山梨県笛吹市石和町市部1084 [地図]
TEL:055-262-2030

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

さわたや薬局のお客様の声は「漢方体験.com」のホームページより御覧いただけます。下記のリンクより御覧ください~http://www.kanpo-taiken.com/experience/result/4...

気になる症状
イメージ

ストレスや日常の忙しさで多くの方がカラダの不調を抱えていらっしゃいます。その中でもとくに多いご相談と、その症状に対する考え方をご紹介します。『なにをやっ...

 
このプロの紹介記事
健康相談のプロ 沢田屋薬局 早川弘太

漢方薬と中医学で体と心の健康をサポートします(1/3)

 笛吹市で創業から約240年にわたり、地域の人々の健康をサポートしている「沢田屋薬局」は、石和市部本通り沿いにあります。お客さん一人一人の生活習慣に着目しながら、漢方薬や中成薬(中国の漢方薬)、自然薬などを用いた健康方法を提案しているほか、...

早川弘太プロに相談してみよう!

山梨日日新聞社 マイベストプロ

漢方と健康相談の専門家が心とカラダの健康をサポート致します

店名 : 株式会社 沢田屋薬局
住所 : 山梨県笛吹市石和町市部1084 [地図]
TEL : 055-262-2030

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

055-262-2030

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

早川弘太(はやかわこうた)

株式会社 沢田屋薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
【メディア出演情報】YBS山梨放送のニュースワイドに出演します【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 ☆テレビ出演情報☆ 9月7日(木)YBS山梨放送にて放送予定の「ニュースワイド」に出演致します。内容は最近...

[ 健康全般 ]

秋の健康コラム☆秋バテの原因とその対策☆【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

今月は夏の疲れは秋にあらわれる!秋バテについてご紹介しています。先週は秋バテの症状と原因を紹介しました...

[ 秋バテ ]

秋バテ対策その②〜秋バテの原因とその対策【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

前回より昨年の秋に公開をしてご公表いただいた秋バテ対策についてのコラムを再掲載しております。昨年、今年...

[ 秋バテ ]

秋バテ対策その①〜本当の夏バテは秋にやってくる!?秋バテについて【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

すっかり秋らしくなってきましたが、今回からは昨年公開をして、ご好評いただいた、秋になると体調を崩す・・・秋...

[ 秋バテ ]

クスリは「リスク」?気になるクスリの副作用について【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 ☆薬の副作用は様々 薬を服用する場合多くの方がその効き目同様気になるのが『副作用』だと思います。前述の...

[ セルフメディケーション ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ