コラム

 公開日: 2017-07-26 

現在の『食』に関する問題点〜6つの『こ食』とは?【山梨 漢方 さわたや薬局】

☆現在の食に関する問題点☆

前回より夏は食事に注意したい、ということで食事を根本から見直す機会になればと、食育についてお届けしております。

国が食育に取り組む理由は前述の食育基本法の全文に記されています。人々が食の大切さを忘れがちであること、その結果下記のような問題が生まれています。

・栄養の偏り・・・スローフードからファストフード、加工食品の氾濫など
・不規則な食事・・・嗜好品の増加、ファーストライフによる食事時間の乱れ
・肥満・生活習慣病増加・・・前述2つの結果と栄養過多など
・過度の痩身志向・・・女性を中心にした誤ったダイエットによる被害
・食の安全問題・・・食品事故、業者のモラルの低下
・食の海外への依存・・・食料自給率の低下
・食に関する情報氾濫・・・マスコミの偏った情報による誤った情報の蔓延

全文のなかでもこのような問題点をふれております。このような問題点を改善して正しい食習慣を身につけることが食育の基本だと思います。


食育の基本『6つのこ食』とは?


まず最初に紹介するのが食育の基本である6つの『こ食』です。この6つの『こ食』とは現代人が注意したい食についての問題点がすべて詰まっていると言っても過言ではありません。具体的にその中身を見てみましょう。

☆6つのこ食とは?☆

①ひとりで食べる孤独の『孤食』

②それぞれが好きなものを食べる個別食の『個食』

③決まったものしか食べない固定食の『固食』

④粉物ばかり食べる『粉食』

⑤食べる量が少ない小量食の『小食』

⑥味の濃い物ばかり食べる濃い食の『濃食』

孤食


この6つの問題点です。とくに子供を含めた若年層では一人きりの食事では好き嫌いが増えたり、食事量も不足しがちです(孤食)。食卓に会話がないので、社会性や食事のマナーが身につきません。

個食


また、家族全員がそろった食事でもお父さんは『焼き鳥とビール』お母さんは『パスタ』子どもたちが『ピザ』と、まるでファミレスのように各々が好きなものを食べる減少も見られます(個食)。このようにいつも好きな物だけ食べていると、身勝手でわがままな子供に育ってしまいます。

固食


若年層の食事では学生など中心に外食やコンビニなどで食べることがふえると自分の好きな物しかたべない、毎日唐揚げ弁当とカップラーメンというような10代、20代の方は数多くいます(固食)。

粉食


さらにパン食が増えてこと、食べやすい麺類の普及などにより日本の伝統食であるお米をたべる機会も減っています。たまに食べるには良いですが、小麦粉などの粉を使った食事はどうしても他に色々な材料、バター、卵、牛乳などふくまれておりますし、一緒に食べるものも高カロリーになりがちなので食べる頻度には注意しましょう。

粉食自体が悪いわけではありませんが、粉食が多くなりすぎると栄養バランスが崩れやすいので、注意をしたいですね。ご飯は水とお米だけなのでダイエットしているときも余計な脂質などを取りすぎないのでおすすめです。(粉食)

小食


過度なダイエット志向で食べる量が減ってしまうとカラダのバランスを崩します(小食)。
若い女性の方が無理なダイエットで生理が不順になってしまったり、ひどい場合は不妊の
原因や、月経が止まってしまうこともあります。

濃食


そして濃い味付けのものを好む方がふえており、塩分のとりすぎは日本人の大きいな食の
問題の一つです(濃食)。

この6つの『こ食』は日頃の食生活でちょっと意識するだけで大きな変化を及ぼします。ぜひもう一度ご自分の食生活を見直して、あてはまる『こ食』がある場合は少しづつでも改善をしていきましょうね。

次回も食育についてお届け致します。




食と健康・薬膳などに関する健康コラムはこちらから

早川弘太のTwitterはこちらから

早川弘太のブログはこちから

この記事を書いたプロ

株式会社 沢田屋薬局 [ホームページ]

販売職 早川弘太

山梨県笛吹市石和町市部1084 [地図]
TEL:055-262-2030

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

さわたや薬局のお客様の声は「漢方体験.com」のホームページより御覧いただけます。下記のリンクより御覧ください~http://www.kanpo-taiken.com/experience/result/4...

気になる症状
イメージ

ストレスや日常の忙しさで多くの方がカラダの不調を抱えていらっしゃいます。その中でもとくに多いご相談と、その症状に対する考え方をご紹介します。『なにをやっ...

 
このプロの紹介記事
健康相談のプロ 沢田屋薬局 早川弘太

漢方薬と中医学で体と心の健康をサポートします(1/3)

 笛吹市で創業から約240年にわたり、地域の人々の健康をサポートしている「沢田屋薬局」は、石和市部本通り沿いにあります。お客さん一人一人の生活習慣に着目しながら、漢方薬や中成薬(中国の漢方薬)、自然薬などを用いた健康方法を提案しているほか、...

早川弘太プロに相談してみよう!

山梨日日新聞社 マイベストプロ

漢方と健康相談の専門家が心とカラダの健康をサポート致します

店名 : 株式会社 沢田屋薬局
住所 : 山梨県笛吹市石和町市部1084 [地図]
TEL : 055-262-2030

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

055-262-2030

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

早川弘太(はやかわこうた)

株式会社 沢田屋薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
【メディア出演情報】YBS山梨放送のニュースワイドに出演します【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 ☆テレビ出演情報☆ 9月7日(木)YBS山梨放送にて放送予定の「ニュースワイド」に出演致します。内容は最近...

[ 健康全般 ]

秋の健康コラム☆秋バテの原因とその対策☆【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

今月は夏の疲れは秋にあらわれる!秋バテについてご紹介しています。先週は秋バテの症状と原因を紹介しました...

[ 秋バテ ]

秋バテ対策その②〜秋バテの原因とその対策【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

前回より昨年の秋に公開をしてご公表いただいた秋バテ対策についてのコラムを再掲載しております。昨年、今年...

[ 秋バテ ]

秋バテ対策その①〜本当の夏バテは秋にやってくる!?秋バテについて【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

すっかり秋らしくなってきましたが、今回からは昨年公開をして、ご好評いただいた、秋になると体調を崩す・・・秋...

[ 秋バテ ]

クスリは「リスク」?気になるクスリの副作用について【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 ☆薬の副作用は様々 薬を服用する場合多くの方がその効き目同様気になるのが『副作用』だと思います。前述の...

[ セルフメディケーション ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ