コラム

 公開日: 2017-12-25 

自分でできる血行不良・お血対策とは?【山梨 漢方 さわたや薬局】

今月は1年の締めくくりとして血流についてお届けしています。

今日のコラムの更新で今年は最後となります。1年間ご覧いただき本当にありがとうございます。

来年も少しでも御覧頂いた皆様の健康管理のお役に立てるようなコラムを書いて行きたいと思います(^^)


さて、前回は中医学的血行不良『お血』とはどんな状態なのか?ということをお伝えしました。

そこで今回は一般的にできる『お血対策』をご紹介したいと思います。

お血対策の基本は生活習慣


お血の予防には漢方薬もあると言いましたが、毎日の生活が基本です。どんな病気の予防も基本的には同じですが、適度な運動を行い、ストレスがたまらないように心がけ、十分な睡眠をとりましょう。

☆お血対策 ①運動 ☆


散歩や、体操、ストレッチなど運動方法は様々ですが、大切なのはその人の体力に見合った適度な運動をすることです。毎日の習慣にちょっとした運動を取り入れる、自転車をできるだけつかったり、近場なら歩いたり、できるだけ階段を使う、雑巾をつかった掃除を増やすなど、ちょっとしたことで運動量を増やすことも可能です。体全体の筋肉を動かすことで新陳代謝を活発にすることが血流改善にはとても良いのです。

寝たきりの方や足腰の弱い方には軽いマッサージをしてあげるだけでも血行促進作用があります。指圧やマッサージなども効果的です。ご家族でやるときはあまり力を入れすぎず、本人が気持ちよく感じるところを適度にマッサージする程度にしましょう。

☆お血対策 ②ストレス対策 ☆


いちばん大切ですが、最も難しいのがこのストレス対策かもしれません。趣味がある方は好きなことをすることが最もストレス解消になりますが、あまり趣味がない方は親しい方との会話、食事など楽しい時間を過ごすことでストレスの解消になります。また、運動も大切なストレス解消法になる方が多いので、思いっきり汗をかく、のんびりと歩く、ストレッチをするなど運動によるストレス解消もその方に見合った方法があるので、よく考えてやってみましょう。

☆お血対策 ③食事 ☆


次に食事ですが、これは最後にご紹介するお血の原因別対策でもご紹介しますが、お血になってしまった原因や体質によって食事面の注意点が異なってきます。しかし共通点は、血液の原料になるお肉などの動物性蛋白質、青魚などに多く含まれる良質の脂は血液の流れのサポートになります。そして緑黄色野菜や改装などにたくさん含まれれるビタミンやミネラルは血液の質を良くしてくれるので、どれがかけてもいけません。基本はバランスですので、色々な物を偏らずしっかり食べましょう。

いまお血の方はもちろんすぐに対策を行うことが大切ですし、今当てはまらなくても、年々カラダは老化して、お血になりやすくなります。今の元気なカラダを維持するためにも、生活習慣の見直しや、カラダにプラスのことをできる範囲でしてあげながら元気で長生きを目指していきましょう!

お血は原因や体質によって幾つかにわけられます。

タイプ別お血対策


1)食べ過ぎ飲みすぎてカラダに余計なものを溜め込んで血行不良になる『痰湿お血』タイプ
食べ過ぎ飲み過ぎの防止と、積極的な運動で発散しましょう!

2)ストレスで血管が緊張して血行不良になる『気滞血お』タイプ
マッサージや趣味の時間をとるなどリラックスできる時間を意識的に作りましょう!

3)カラダの潤い不足で上手に血液が流れない状態『血熱お血』タイプ
汗のかきすぎや、水分不足に注意。辛い食べ物は控えましょう。

4)カラダが冷えて血流が悪くなる『陽虚お血』タイプ
カラダの冷えを取るようにゆっくり入浴などして温めましょう。サラダや冷たいもののとりすぎに注意

5)血液が少なくて流れが悪くなる『血虚お血』タイプ
数値が大丈夫でもプチ貧血の方がたくさんいます。タンパク質をしっかり取りましょう。

6)血液を巡らす『気』の不足が原因の『気虚お血』タイプ
体力や気力が低下していることが多いのでしっかり睡眠を取りましょう。

中医学ではどんな不調も原因によって使う漢方やカラダの御手入れの仕方が違います。しっかりと原因を見極めて正しい方法でカラダのケアをしましょうね(^^)

ご相談のご予約、講演や執筆のご依頼、僕のお店の詳しい情報はHPをご覧くださいね(*^^*)漢方相談の初回は必ずご遠方でもご来店をお願いしております。

http://www.sawataya.com

僕の健康コラムはこちらから山梨日日新聞社マイベストプロ山梨HPに掲載されています(*^^*)
http://mbp-yamanashi.com/sawataya/column/

相談のご予約はさわたや薬局のLINE@をご利用ください\(^o^)/
http://line.naver.jp/ti/p/@sawataya


この記事を書いたプロ

株式会社 沢田屋薬局 [ホームページ]

販売職 早川弘太

山梨県笛吹市石和町市部1084 [地図]
TEL:055-262-2030

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

さわたや薬局のお客様の声は「漢方体験.com」のホームページより御覧いただけます。下記のリンクより御覧ください~http://www.kanpo-taiken.com/experience/result/4...

気になる症状
イメージ

ストレスや日常の忙しさで多くの方がカラダの不調を抱えていらっしゃいます。その中でもとくに多いご相談と、その症状に対する考え方をご紹介します。『なにをやっ...

 
このプロの紹介記事
健康相談のプロ 沢田屋薬局 早川弘太

漢方薬と中医学で体と心の健康をサポートします(1/3)

 笛吹市で創業から約240年にわたり、地域の人々の健康をサポートしている「沢田屋薬局」は、石和市部本通り沿いにあります。お客さん一人一人の生活習慣に着目しながら、漢方薬や中成薬(中国の漢方薬)、自然薬などを用いた健康方法を提案しているほか、...

早川弘太プロに相談してみよう!

山梨日日新聞社 マイベストプロ

漢方と健康相談の専門家が心とカラダの健康をサポート致します

店名 : 株式会社 沢田屋薬局
住所 : 山梨県笛吹市石和町市部1084 [地図]
TEL : 055-262-2030

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

055-262-2030

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

早川弘太(はやかわこうた)

株式会社 沢田屋薬局

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
猛暑に注意!度合い別・熱中症対処法について【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

山梨県内今日も気温が高く熱中症の注意喚起がされております。 熱中症の症状や対処法は知っているようで意外と...

[ 熱中症対策 ]

薬屋が教える!薬いらずの夏バテ対策【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

今月は夏本番ということで、夏バテ対策、目、膀胱、肌、内蔵、体の場所別の夏バテ対策をご紹介してきました。...

[ 夏バテ対策 ]

体の場所別夏バテ対策〜お肌の夏バテ・内蔵の夏バテ対策〜【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

今月は夏本番ということで、夏バテ対策をご紹介していますが、よくありがちな夏バテ対策ではなく、体の場所別に夏...

[ 夏バテ対策 ]

あなたはどこの夏バテ?体の場所別夏バテ対策【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 【今月は『体の部位別&東洋医学的夏バテ対策』】 夏バテは疲労&食欲低下だけじゃない!関東甲信...

[ 夏バテ対策 ]

梅雨時から夏にかけて知っておきたい『水分のとり方』【山梨 漢方 さわたや薬局】
イメージ

 ☆我々に必要な水分量とは?☆  【本当に必要な水分量とは?】 とり過ぎも取らなすぎもよくない、では...

[ 梅雨の健康法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ