コラム

 公開日: 2011-08-03 

オール電化 メリット

『ライフラインを電気一本にするのは危険?』

 この程の東日本大震災の後、ライフラインがストップし、被災地のみならず、この山梨でも計画停電があったり、節電があったり、今まで空気の様に使用してきた「電気」と言うものに不安を感じる様になったことと思います。

そこで「ライフラインを電気1本に絞る不安…。」について考えてみましょう

【Q.ライフラインを電気1本に絞るのはリスクが大きい?】

これは、「だからガスも併用した方が安心」と続きます。
確かに一般論としては、代替手段も確保しておいた方が安心感は高い、
と言えそうですが、本当にそうでしょうか?

具体的に考えてみましょう。

今回の東日本大震災でライフラインがストップするほどの被害を受けた地域では、オール電化人気が高まっています。
なぜなら、ガスの復旧までにかなりの時間を要したからです。

ライフラインの復旧で一番早いのは電気なのです。

(公益社団法人 土木学会 地震工学委員会が、「東日本大震災におけるライフライン復旧概況」をまとめました。
 http://www.alldenka.jp/pchan/public/l.php?Mo01&5716&4598m2

オール電化住宅ならば、電気と水道さえ復旧すれば日常通りの暮らしができますが、ガス併用住宅の場合は、ガスが復旧するまではお風呂に入れません。
これなどは、ライフラインを分散しているからこその不便と言えます。

オール電化住宅にお住まいの方が、ご近所さんにお風呂を振る舞った、という話しもありましたね。

仮にガスと水道の復旧が早かったとしても、電気が止まっている以上は、日常通りの暮らしには戻りません。
ガスと水道だけではダメなのです。

それだけ今の暮らしに、電気は欠かせないもの、になっています。
こう考えると、ライフラインを電気とガスに分散するメリットは、ほとんどない、いえ、全くないと言えそうです。

「電気はガスの代替手段になるけれど、ガスは電気の代替手段にはならない」と言うことです。

「ガスと水道があれば最低限の煮炊きはできる」のは事実ですが、
この程度なら携帯型カセットコンロを準備していれば済む話です。

ライフラインを分散する(ガスと電気を併用する)メリットがかなり小さいのに、それに必要なコスト(「ガス代を払い続ける」というコスト)は結構掛かります。

こう考えた時、ライフラインを分散してガス代を払い続けるということは、それほど必要でもないものに、大きなコストを払っている、と言っても良さそうです。

つまり、ライフラインを電気1本に絞るのは、逆にメリットが大きいと言えるでしょう。

この記事を書いたプロ

シンセラティー住設有限会社 [ホームページ]

商品企画 依田尚樹

山梨県甲府市南口町736-3 [地図]
TEL:055-234-5035

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
オール電化のより良いライフスタイルを提案する住宅設備のプロ

環境と家計にやさしい暮らしを提案(1/3)

 環境問題が叫ばれる今日、「まずは身近なところから」と日々の暮らしを見つめ直す人が増えています。その中で、最近特に注目を集めているのが「オール電化リフォーム」です。 「オール電化の魅力は、何といっても光熱費が節約できること。お客さまの家計...

依田尚樹プロに相談してみよう!

山梨日日新聞社 マイベストプロ

会社名 : シンセラティー住設有限会社
住所 : 山梨県甲府市南口町736-3 [地図]
TEL : 055-234-5035

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

055-234-5035

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

依田尚樹(よだなおき)

シンセラティー住設有限会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
山梨県住宅用太陽光発電補助金が再開

山梨県住宅用太陽光発電補助金は8月22日に受付終了となりましたが補正予算が県議会を通過し10月11日より受付が再開...

太陽光パネル 洗浄&コーティーング 汚れを落として発電量アップ

太陽光発電パネル(ソーラーパネル)は、汚れなどの経年劣化により発電能力が徐々に低下してきます。 しかし、経...

【国策】復興支援・住宅エコポイント制度のご案内

10月21日(金)、復興支援・住宅エコポイント制度が閣議決定されました。7月末で終了した住宅エコポイントが再開...

東北地方太平洋沖地震につきまして

3月11日に発生しました『東北地方太平洋沖地震』によりまして被害を受けられました皆様に心よりお見舞い申し上げ...

平成22年度 太陽光発電補正予算分補助金の予算状況

現在、多数のお申込をいただいており、この状況から推測いたしますと3月31日の締切を待たずして、補助金申込みが...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ