Q&A(このプロの回答)

IHクッキング・ヒーターの良い点、悪い点を教えて下さい。
流行りのIHクッキング・ヒーターについて質問します。


Q1

安全性はピカ1!って事ですが、強い電磁波が出ると聞きますが本当ですか?


Q2

また、専用の鍋とかが高いと聞きますが本当ですか?(安く販売されてるのは、安い分寿命が短いって聞きました。)


Q3

やはり炒め物はガスコンロの方が美味しい!って聞きますが本当ですか?


Q4

普通のシステムキッチンに簡単に組み込めるとの事ですが、本体代金の他に工賃はどのくらいかかるのでしょうか?



我が家は魚大好き家族で、今のビルトインコンロも魚焼き部がガタがきています。買い替えを期に再びガスにするか、IHにするか、迷っています。

是非、プロの方々の話しを聞いてみたいです。

よろしくお願いします。
投稿日時:2011-04-17 23:04:53
住宅

依田尚樹 よだなおき

依田尚樹の回答

IHクッキング・ヒーターの良い点、悪い点について

Q1の回答
電磁波は当然でておりますが人体に影響を与えるような強いものではございません。
例)例えば電気カーペットの場合110~190mG  IHクッキングヒーター 50mG以下
※1:IHクッキングヒーターからの電磁波のレベルは国際的なガイドラインを大幅に下回っております。
※2:ペースメーカーをご使用の方でも医師と相談の上、使用されている方もおります。
※3:それでも電磁波が気になさるようでしたら遠赤外線スーパーラジエントヒーター200Vといった電磁波が出ない商品もございます。
下記参照
http://www.sincerity-kofu.com/archives/904

Q2の回答  
IHクッキングヒーターの機能を十分に活かせる構造になっているため通常の鍋より割高です。
安い鍋は軽く、鍋の肉厚が薄い物が多く使用の仕方によっては変形する物がございます。
軽いと鍋自体が振動する事があります。
そのため専用鍋は鍋底が厚く重い物が多いです。

Q3の回答
ガスコンロにしてもIHクッキングヒーターにしても高火力の物を使えば炒めものなどは美味しく仕上がります。

Q4の回答
工賃は分電盤が200V仕様になっていれば申請費込みで35,000円から施工可能です。

ガスもIHクッキングヒーターのヒーターも魚が美味しく焼けますが光熱費のことを考えると断然IHクッキングヒーターの方がお得です。

回答日時:2011-04-18

Q&A一覧に戻る

最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
オール電化のより良いライフスタイルを提案する住宅設備のプロ

環境と家計にやさしい暮らしを提案(1/3)

 環境問題が叫ばれる今日、「まずは身近なところから」と日々の暮らしを見つめ直す人が増えています。その中で、最近特に注目を集めているのが「オール電化リフォーム」です。 「オール電化の魅力は、何といっても光熱費が節約できること。お客さまの家計...

依田尚樹プロに相談してみよう!

山梨日日新聞社 マイベストプロ

会社名 : シンセラティー住設有限会社
住所 : 山梨県甲府市南口町736-3 [地図]
TEL : 055-234-5035

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

055-234-5035

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

依田尚樹(よだなおき)

シンセラティー住設有限会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
山梨県住宅用太陽光発電補助金が再開

山梨県住宅用太陽光発電補助金は8月22日に受付終了となりましたが補正予算が県議会を通過し10月11日より受付が再開...

太陽光パネル 洗浄&コーティーング 汚れを落として発電量アップ

太陽光発電パネル(ソーラーパネル)は、汚れなどの経年劣化により発電能力が徐々に低下してきます。 しかし、経...

【国策】復興支援・住宅エコポイント制度のご案内

10月21日(金)、復興支援・住宅エコポイント制度が閣議決定されました。7月末で終了した住宅エコポイントが再開...

オール電化 メリット

『ライフラインを電気一本にするのは危険?』  この程の東日本大震災の後、ライフラインがストップし、被災地の...

東北地方太平洋沖地震につきまして

3月11日に発生しました『東北地方太平洋沖地震』によりまして被害を受けられました皆様に心よりお見舞い申し上げ...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ