プロTOP:小泉秀一プロのご紹介

年齢、性別問わず楽しめる生涯スポーツ「テコンドーのプロ」(1/3)

テコンドー指導のプロ 小泉秀一さん

楽しみながら練習できるテコンドー教室

 夜のとばりが下りるころ、甲府市小瀬町にある小瀬武道館から力強い掛け声が響いてきます。声の主はテコンドー教室「山梨県テコンドーアカデミー」の生徒たちと、代表を務める小泉秀一さんです。
 韓国の国技「テコンドー(跆拳道)」は多彩な足技を繰り広げる迫力ある競技で、日本の空手がその源流になっているといわれています。同アカデミーは2009年10月に発足し、現在、甲府南中、小瀬武道館、山梨市道場の3会場で、3歳から50代までの約40人が日々、汗を流しています。
 そんな小泉さんはかつてはウエイトリフティングの選手で、日川高時代には全国高校新記録、社会人になってからは全日本選手権大会で準優勝するなど、華々しい活躍をしていました。しかし、23歳の時、左肘を故障したために競技を断念。たまたま妻に誘われて始めたテコンドーに魅力を感じ、09年からは横浜に日本の本部を置く炫武館(げんぶかん)に通って本格的に稽古を始めました。
 その後、すぐに頭角を現し、型の美しさを競う全日本テコンドープムセ選手権大会で10年にシニア2クラスで3位、11年にマスタークラスで準優勝、12年にはU49クラスで準優勝を果たすなど、活躍を続けています。「元々、格闘技好きでもあったし、テコンドーは足技が中心なので肘への負担も少ないので、本当に楽しみながら練習することができました。この楽しさを一人でも多くの人に伝えることができたらとアカデミーを開講しました」と振り返ります。

<次ページへ続く>

【次ページ】 気長に指導し、やる気を育てます

最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
テコンドー会員募集!!
シニアな二人

「生涯スポーツとは、生涯にわたり自分自身のライフサイクルに適したスポーツを楽しみながら継続的に実施することです。」山梨県テコンドーアカデミーでは、シニア及...

入会・体験
山梨県テコンドーアカデミー

山梨県テコンドーアカデミーの会費用について。入会金:5,000円(全日本テコンドー協会・山梨県テコンドー協会の登録費含む)道着:大人10,000円 子供8,000円(160cm以上...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

小泉秀一プロに相談してみよう!

山梨日日新聞社 マイベストプロ

オリンピックテコンドーを山梨で。

屋号 : 山梨県テコンドーアカデミー 炫武館山梨支部
住所 : 山梨県山梨市矢坪1137 [地図]
TEL : 090-2543-5207

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2543-5207

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小泉秀一(こいずみしゅういち)

山梨県テコンドーアカデミー 炫武館山梨支部

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

親子三代でテコンドー!

テコンドーを始めたのはちょうど1年前。 祖母(50代)は運動不...

愛☆
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(7

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
The27th poomsae IRS Hohhot in China
イメージ

プムセの国際審判セミナーが中国内モンゴル(呼和浩特)にて開催されました。20か国200名が参加した大きなセミ...

[ テコンドー日記 ]

競技プムセ講習会
イメージ

 競技プムセセミナー・山梨県テコンドーアカデミー 10月10日~11日に競技プムセセミナーを山梨県で開催しま...

[ テコンドー日記 ]

テコンドーの蹴り「トルリョチャギ」
姜師範

全日本テコンドー協会(AJTA)のホームページより抜粋テコンドーの蹴りと他の格闘技の蹴りとの違いは何なのでしょ...

[ テコンドー日記 ]

テコンドーの蹴り「ネリョチャギ」
ネリョチャギ

テコンドーの蹴りといえば「ネリョチャギ」(かかと落とし)というぐらいメジャーな蹴りです。※姜師範の...

[ テコンドー日記 ]

山梨県テコンドーアカデミー12月練習予定

 山梨でテコンドーするなら山梨県テコンドーアカデミーへGO!! 練習日程表 12月1...

[ テコンドー練習予定 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

小泉秀一のソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は小泉秀一さんが更新している外部メディアサイトです。

twitter
YTA[Twitter]
2016-12-06
facebook
Facebook
google-plus
Google+
ページの先頭へ