山口工務店の家

確かな性能を持った住まいを建てる。

住宅は、建築時に大量の資材を消費します。

そして、完成したあとも、そこに住まうということは、
大量のエネルギーを消費することでもあります。

そんな住宅を20数年という短いスパンで
壊しては建て替えていたのが
これまでの日本でした。

環境の世紀といわれる今、
環境負荷の小さな住まいを建てて、
長く住みつぐことは、
わたくしたちに課せられた義務ともいえます。

わたくしたち株式会社山口工務店は、この課題に真っ向から取り組み、
これからの家づくりに求められる
確かな性能を持った家を建てることを
ここに宣言します。

この記事のURL

冬暖かく、夏涼しい家をつくる。

イメージ

「心地よさ」という住まいの品質を確保するためには、大きく、『温熱環境』と『室内空気質』の2点を考慮する必要があります。
また、太陽熱や通風といった自然の力を有効に活用したり、
自然素材を使ったりすることは、心地よさの質をあげるにはとても有効な手段です。

山口工務店では下記のことを行なっております。

1、適切な断熱で施工しています。
適切な断熱をすることは、外気の冷熱を室内に伝えにくくして部屋に面したところの表面温度を下げないという効果があり、これが快適性の向上につながります。ここで大切なのが「断熱の施工」です。いくら性能のよい断熱を使ったとしても、断熱がうまく入っていないところがあれば、そこは熱が逃げる場所になってしまいます。外壁部分には筋交いではなく構造用合板を使用しているのは、確実に断熱の施工精度を確保したいという理由もあります。

2、OMソーラーという家づくり
昼夜の寒暖の差が激しい割には、日照時間には恵まれている山梨の冬。そんな気候にぴったりとあった太陽熱利用の暖房システム OMソーラーを採用しています。冬は屋根で暖めた空気を床下に送り込み、家全体を暖め、夏はそのお湯を採ったり、夜間の涼しい空気を室内に取り込んだりと四季を通じて働くシステムです。
OMソーラーの詳しい内容はコチラ⇒ http://omsolar.jp/index.html

3、自然力を生かした設計をしています。
敷地を読み込み、周辺環境を十分に勘案した計画を行ないます。心地よい風を住まいに取り込むために、季節による風の向きや大きさの違いを考慮して外部開口部の位置・大きさを決定。計画の際にはアメダスのデータのほかに、この地域に生きる工務店としての経験値も活かして、微気候を把握しています。また暗くなりがちな北側の部屋には天窓を設けるなど、外の明るさを取り込む工夫を行なっています。



この記事のURL

空気すっきりな家をつくる。

イメージ

人間は1時間に6畳1部屋分の容積の空気を呼吸します。
ですから、空気の品質=「空気質」は心地よく健康に暮らせる住まいづくりにはとても重要な項目になります。
特に近年は住宅の高気密化、建材の変化、生活の多様化で室内の空気が悪化していると言われております。
室内の空気を良好に保つには、『化学汚染物質が出ない建材を使う。』 『汚染物質を希釈、排出するために適切な換気計画を行なう。』 『汚染物質となりうる生活用品を適切に管理する。』に留意しなければなりません。

山口工務店では下記のことを行なっております。

1.自然素材を使います。
室内の空気を良好に保つため、床は無垢のフローリング、壁は珪藻土塗り、天井は杉板張りを標準としています。化学汚染物質が発生しないということはもちろん、自然素材だけがもつ風合いが、心地よさを倍増させてくれます。

2.素材は安全性の高いものを吟味しています。
使う材料の安全性を確認して、使う材料を吟味しています。室内の内装の仕上げ及び換気等の措置のない天井裏等の下地に使う材料はホルムアルデヒドの発散量の極めて少ない(日本工業規格又は日本農林規格のF☆☆☆☆等級相当以上)特定建材を使用しています。

3、換気や通風に工夫を凝らしています。
法律で定められた換気設備の設置は勿論のこと、結露やカビの発生のないように、空気の流れを考慮した設計に心掛けております。

OMソーラーは冬場 新鮮な空気を暖めながら取り込む方法で、単なる暖房というのではなく換気設備としても有効です。

「換気をとるか、暖かさをとるか」これは多くの住宅で快適さを実現するための大きなテーマでした。OMソーラーはこれを両立しました。

暖房と換気の両立こそ、心地よさを生む大きなポイントです。

この記事のURL

住み継ぐことのできる家をつくる。

イメージ

木は家を建てる木材になった後も、山で生きていた樹齢以上にはもつものです。
であれば、木の家の寿命は最低でも60年以上はあるはずですが、日本の家は平均20年といわれ、子どもたちが巣立っていくまでのたった一世代で建て替えられているのが現状です。
子や孫の代まで住み継ぐことのできる耐久性と耐用性という「性能」も、これからの家づくりには求められます。

山口工務店では長く使い続けていただくために下記のことを行なっています。

1、確かな基本性能を有しています。
すべての基本となる地盤と基礎、構造には、徹底してこだわっています。全棟地盤調査を行い、そのデータを基に基礎の構造を決定。基礎は、防湿フィルムを施したベタ基礎工法とすることで土中からの湿気を防ぎ、シロアリの好まない環境を作りだしています。土台、柱、梁などの構造に使用する木材は、耐久性や安定性を考えて、なるべく近くの山の木を採用。材の痩せや、荷重による収縮、振動による緩みを防止することで、接合部の耐力低下を防ぎ新築時の耐震力を長期に維持する工法を採用しています。外壁には構造用合板を張り、安定した構造を実現します。

2、維持管理のしやすさを考慮しています。
軒の出は910mm以上としっかり出して、雨から外壁を守ります。外壁はモルタルや板張りなど将来にわたり、身近に手に入りやすいものを使用しています。屋根形状はなるべくシンプルに計画して、長期的に雨漏れなどの心配の少なくメンテナンスのしやすいデザインにしています。ライフスタイルの変化に対応できる設計を心掛けています。


3、愛着の持てる家づくりを提案します。
計画・打合せには時間をかけ、施工中にも現場に足を運んでいただくことで、家づくりの愉しさを実感していただいています。また、内装には時間とともに味わいが深まる無垢の木や自然素材を使い、暮らしの変化に対応できる設計とすることで、美しく歳をとる住まいを実現しています。

この記事のURL

美しい景色の一部になる。

イメージ

住まいはそこに住まう家族だけのものではありません。
住まいは、その町の景観を形成する一部ともいえます。
美しい街並みを意識して建てることも「環境性能」のひとつです。
まちなみや地域景観への配慮を忘れないこと、
野鳥が休めるような木々や水場を用意すること、
地域の材を使い、地域の住文化を継承しながら、
京の町屋や白川郷の集落などのように、その地域にあった家を建てることで、日々の暮らしはとても豊かなものになります。

山口工務店ではまちなみ・生態系を豊かにするために下記のことを行っています。

1、周辺の景観と調和します。
山梨の自然豊かな景観に調和した建物形状、色彩を意識して設計しています。外観は切妻大屋根の単純形を基本として、外壁は板張りなどの素材を使用。階高も低く抑えることで、威圧感のない落ち着いた佇まいを醸し出しています。

2、外構・植栽を行います。
家は、その家を取り巻く環境との良好な相互関係が構築できてこそ、快適に過ごせるものです。植栽に外構の区切りは街の景観をやさしいものに変えてくれます。こうした外構や植栽の計画により、街の「ポケットパーク」と呼べるような空間をつくりだしています。

3、地域の住文化に学んでいます。
養蚕のため屋根が上方に少し突き出た「突き上げ屋根」や「かぶと造り」など、この地域にも特徴的な民家のカタチがあります。先人たちは、気候風土に合わせよう、快適に暮らそう、土地の材料を生かそう、としてきました。こうした意匠をそのまま真似るのではなく、土間・深い軒の出・将来変更しやすいシンプルな間取りなど、その地域とそこに住まう家族にあった暮らし方ができる家づくりを提案しています。

この記事のURL

燃費のいい家をつくる。

イメージ

冷蔵庫や照明、調理など、住まいではさまざまなエネルギーが消費されます。建物の断熱気密の性能を高めたり、自然エネルギーを有効に活用するほか、設備でも省エネ率の高いものを使うなどの工夫が求められます。

山口工務店では、エネルギーと水を大切にするために、下記を行っております。

1、自然エネルギーのOMソーラーを使います。
日照時間に恵まれた地域で太陽の恵みをたっぷり受けられます。その太陽熱を屋根で集め、床下に送り込んで家全体を暖房するシステムです。太陽熱は利用効率が良く、基礎全体を蓄熱体として利用するなど、極めてシンプルな自然エネルギーの利用方法です。

2、薪ストーブのある暮らしを提案しています。
山梨県は比較的、薪の入手がしやすい地域です。木材を山に放置したり、使用後に廃棄物として処分するよりは積極的にエネルギー源として利用すべきだと考えます。伐ってもまた再生を繰り返す木は半永久的に再生可能な資源であります。薪を使う暮らしは自然界の循環の中で資源を有効に利用する地球にやさしい暮らしです。

3、雨水も積極的に利用します。
お庭の植栽や野菜などの散水にも雨水を使うことも提案しています。節水効果はもちろん、雨水をためて使うことで水のありがたさを感じてもらえればと考えています。

この記事のURL

ゴミを出さない、ムダ使いをしない。

家をつくるには構造材をはじめ、たくさんの素材・建材を使います。
それらを大切に使い、余分なゴミを出さないことが、これからの家に求められます。
リサイクル材を使うだけでなく、リサイクルが容易な素材や、再生可能な森林から産出された木材を使うことにも留意します。

山口工務店では資源を大切に使い、ゴミを減らすために下記を行っています。

1、リサイクル出来る素材を使う。
構造材、外装材、内装材には木材や鉄、アルミなどの再生可能な素材を使用します。
集成材でなく無垢の木にこだわり、構造計算以上の材を使用するのも、当社で行っている古民家再生のように、将来その木がまた再利用することができるようにとの思いからです。

2、木をムダなく使う。
原木丸太の梁をとった残りの部分を板に製材して家具などに利用しています。また、現場からでた木材の切れ端を薪ストーブの燃料としてホームオーナーに無料で提供しています。一本の木からとれる木材は無駄なく使い切ることを心掛けています。

3、再生可能な森の資源(国産材)を使う。
3世代住み継ぐことのできる木の家をつくるプロとして、構造材には良質な材を見極めて用いています。そんな選択のなかでも、たとえばお隣の静岡の天竜杉など、なるべく近場の国産材を用いて、再生可能な森の資源を有効活用することを心掛けています。

この記事のURL

地球人としての誇りの持てる家を建てる。

これからの家づくりで避けて通れないこと、それは地球温暖化への配慮です。
住み継ぐ家を前提として、地球環境や地域、周辺に配慮した住まいであることは、
これからの家づくりに求められる最も大切な「性能」といえるかもしれません。
私たちがつくる「確かな性能を持った家」は、そんな地球人の誇りを持てる性能を持った住まいを目指しています。

山口工務店では、地球・地域・周辺環境に配慮した家をつくるために下記を行っています。

1、周辺環境への配慮
深刻な問題となっている地球温暖化。人類が繁栄した結果、CO₂などの温室効果ガスが増え、地球の温度が年々上昇しています。この解決のために世界が協力して作った京都議定書が2005年2月に発効され、さらに2008年からは、京都議定書で定められた削減目標の第一約束期間に入りました。世界に約束した日本の温室効果ガス排出量の削減目標は1990年に比べて6%削減すること。また鳩山元総理が約束をした2020年には25%削減。山口工務店では、これを実現するためのプロジェクト「チームマイナス6%」「チャレンジ25キャンペーン」に参加して、自然エネルギー利用や高効率な設備の利用で環境に負荷を与えない家づくりを実践しています。

2、CO₂削減できる家づくり
太陽熱で家全体を暖房するOMソーラーや薪ストーブなどの自然の力を活かした家づくりを提案することで、CO₂削減に貢献しています。現在、環境省では「1人1日1kg」CO₂の削減を呼びかけており、この目標を達成すると、1年間で1人365kg、4人家族では1.46トンの削減になります。この数値に対して、OMソーラーの家が太陽エネルギーを利用して1年間に削減できるCO₂は2.39トン。「1人1日1.6kg」のCO₂を削減する計算になります。

3、住まい教室などの啓蒙活動
住まい教室を開催し、家づくりのポイントをみなさんと一緒に考えています。家づくりに積極的に参加することで、我が家に対する愛着も高まり、結果、長く住み継ぐことのできる家になると考えております。

この記事のURL
最近投稿されたコラムを読む
Q&A
セミナー・イベント
山口工務店の家

住宅は、建築時に大量の資材を消費します。そして、完成したあとも、そこに住まうということは、大量のエネルギーを消費することでもあります。そんな住宅を20数年...

 
このプロの紹介記事
「心地よい木の家づくり」のプロ

日照時間が豊富な山梨なら「OMの家」がお薦めです(1/3)

 北杜市須玉町江草の広域農道をヴィンテージゴルフ倶楽部入り口とは反対方向に折れてしばらく進むと、4階建ての大きな建物が見えてきます。「コツコツと、いい家づくり」に取り組む株式会社山口工務店の社屋です。 代表取締役を務める山口利秋さんは一級...

山口利秋プロに相談してみよう!

山梨日日新聞社 マイベストプロ

会社名 : 株式会社 山口工務店
住所 : 山梨県北杜市須玉町江草2608 [地図]
TEL : 0551-42-2046

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0551-42-2046

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山口利秋(やまぐちとしあき)

株式会社 山口工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
チルチンびと別冊42号「今こそOMソーラー」発売
イメージ

チルチンびと別冊42号「今こそOMソーラー」が明日発売になります。表紙の家は、当社のオーナーさん“オーツノコ...

[ OMソーラー ]

これからの庭
イメージ

京都にあるような庭園も素晴らしいけれど、これからは自然の力を利用して住みやすい環境をつくるためには「雑木の...

[ 省エネ ]

古民家調の家
イメージ

先日 南アルプスで開催したOMソーラーの古民家調家の室内をブログで少しだけ紹介しています。「八ケ岳、家つ...

[ 建築 ]

雑誌チルチンびと 別冊OMソーラー特集 発売です。
イメージ

全国の書店にて発売です!雑誌チルチンびと 別冊OMソーラー特集 『だからOM 安心の家づくり』当社施工例...

[ OMソーラー ]

「電気ちょこっと、これからの家。」OMソーラーCM

OMソーラーのTVCMです。「電気ちょこっと、これからの家。」10月29日からCS放送・朝日ニュースターで放映を始...

[ OMソーラー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ